CAMERAと一緒

smjgnrl.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:PENTAX K20D ( 26 ) タグの人気記事


2010年 11月 16日

定峰峠の御茶会、後定峰峠の鬼うどん、後鰻と御茶会

11月3日、関東一時帰還の5日目は、未だ早朝の定峰峠に居ましたが、流石に体力の限界です。
前日からの芋煮会の後片付けをした後、峠の御茶会/朝の部のメンバー、前日からの参加者に
挨拶をして下山、要所休憩を入れながら片道1時間掛けてアジトに戻ってお風呂を浴びて休憩…。(魂抜)
d0177606_035193.jpg

でも、疲れているからって放っておいて頂けない過密スケジュールが相変わらず続くわけです。
プジョーな友人、RX-8な友人夫妻が来るとのことで、御昼過ぎには、再び定峰峠まで行かなければ。
休む間も大して無く、ほんと一呼吸置いてから定峰峠の鬼うどんまで向かいました。

しかし、友人の青プジョーが最新の黒プジョー307にパワーアップしていて驚き…。
ブルーライオンならぬブラックライオンに変わってしまいましたが、相変わらず派手派手でした。(笑)
バイナルがドーンと横に貼ってあって、エアロもホイールも新調して、恐ろしい金額が掛かったとか…。
うむむ…、施行費用やら部品代やらでコペンの中古が買えてしまいそうな気がするんですが。(汗)
d0177606_04339.jpg

d0177606_05275.jpg

店内に入ると既に見知った顔ぶれ、そしてRX-8な友人夫妻が待ち構えていました。
ほら…、ヒーローっていうのは、最後の最後で現れるもんじゃないですか。(遅刻の言い訳)
しかし、嫁さんが結婚する前よりも綺麗になっている辺り、幸せな結婚生活を送っているんだなぁ…と
自分一人で納得してしまった。(笑)
女性だけじゃないでしょうが、やっぱり女性は、充実している時に、より洗練されて輝きますね。

定峰峠の鬼うどんで美味しいうどんを食べてマッタリした後は、定峰峠の頂上から秩父側に下った先に
在る「 まのじ庵 」で食後のスイーツを食べることに。
私は、RX-8ではなく悪友のハイパーコペンアルティメットエディションで移動です。(謎)
久々にコペンに乗ったけど、悪友が手放す時には、私に無償融資してくれないものだろうか。(マテ)
まのじ庵では、アイスクリームセットを食しましたが、非常に美味しく、そしてまたダイエットが遠のいt…。
d0177606_074685.jpg

d0177606_083877.jpg

楽しい時間は、ほんとあっと言う間で、定峰峠の鬼うどんが閉店になる前にお店に戻ります。
実は、この後更に予定があって(本当に過密スケジュール過ぎる)、急遽熊谷にまで戻ることに。
悪友T氏も一緒に参加するとのことで、一緒に熊谷サティまで辿り着くと、既に待ち合わせをしていた
メンバー達が出迎えてくれました。
長野の乗鞍岳で「 岳の屋 」を営んでいる若旦那、そしてマーチ大好きなM氏、そしてこの日の為に
山梨から来た方、そして私の総勢5名、4台。

そしてここでM氏が行き着けの鰻屋で奢るから付いて来いや、皆の衆!!と言うことで、某所の鰻屋へ。
若旦那のランエボXにフル乗車して向かいましたが、鰻重、鰻の肝のお吸い物、鯉の造りを食す…。
非常に美味しかったし、こんなの奢ってもらって良いの!?という感じでしたが、その心意気を有り難く
頂きました。(M氏、本当に有り難う御座いました!!)
d0177606_0104061.jpg

d0177606_094272.jpg

その後、再び熊谷サティの駐車場に戻ったわけですが、遅れて登場した伊車馬鹿の悪友N氏の姿が。
しかもこの男、寒いのによりによってこの車両で登場してくるとは思ってもいなかった。
ルノースポール・スピーダーという屋根の無い漢な車両で来るとは、流石としか言えない。
この後、相乗りで珈琲館に行くことになり、こんな時しか乗れないスピーダーの助手席に乗せてもらって
移動しましたが…、寒かった、ほんとに寒かった。
そしてこの車が非常に特殊であることを再認識させられた、そんな瞬間でした。(色々な意味で)
d0177606_0112399.jpg

撮影機材:PENTAX K20D、TAMRON AF ASPHERICAL XR [IF] MACRO 1:3.8-5.6/28-200mm
     RICOH GR DIGITAL III(4枚目、5枚目、7枚目)





にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
にほんブログ村
つたない記事を閲覧下さり有り難う御座います。
ポチッと押して頂けると励みになります。

by smj-gnrl | 2010-11-16 00:21 | 風景
2010年 11月 12日

定峰峠の御茶会主催/芋煮会への出席

11月2日の夜、関東一時帰還の4日目は、定峰峠の御茶会主催/芋煮会に出席してきました。
私にとってこれで3回目の出席になります。(2年前は、風邪を拗らせて出席ならず)
今回の関東一時帰還は、車検の為と、この催しに参加することが目的でした。

20時過ぎ頃を目安にと呼び掛けていましたが、流石に仕事後の集合が大半なので、主催者自体が
深夜になって到着する様な状況でこそありましたが、無事にメンバーも揃って芋煮会を開始。
d0177606_19291645.jpg

d0177606_19294663.jpg

芋煮の前座で私のお手製シチュー、メンバーお手製カレーの振る舞いがあったり、私がこの日の為に
地元佐渡島にある蟹卸問屋「 弥吉丸 」に御願いした紅ズワイ蟹の他、メンバーが富山から持ってきた
紅ズワイ蟹が大量にあって、芋煮会というより蟹を食べている様な感じでした。(苦笑)
何だかんだで結局私は、芋煮を食べ損ねていた様な…。
美味しい日本酒の差し入れもあり、かなり盛り上がって夜更けまで、というより朝方までやっていました。

しかし、海無し県なのに新鮮な海の幸を皆で食べているというのが、また乙というか…。
今回秋刀魚の刺身を持ってきてくれた人もいて、早速食べさせて頂きましたが、非常に美味しかったなぁ。
d0177606_19393010.jpg

私と友人は、途中で力尽きてRX-8で車中泊、他メンバーも力尽きた人は、車中泊して朝を迎えました。
朝になると夜来れないメンバーも集まってきて、結局入れ替わり立ち代りで30名くらい来たのかな?
流石に徹夜に近い状況下の中でのことだったので、車中泊をしたとは言え、流石に疲労が出ましたが、
非常に楽しい催しでした。

6ヶ月ぶりに会えた人達も多く、有意義な時間を過ごせたと感じています。
御会い出来た方々、本当に有り難う御座いました。

そして今回御茶会の面々と会って、改めてデジタル一眼レフ、ハイエンドコンデジ比率が極端なまでに
上がってきていることを再認識させられました。
CANON EOS 7Dの使用率もそうですが、まさかLEICA X1を使っている人までいたとは…。
X1を初めて見て、触らせて頂きましたが、うーん…、良いですねぇ…。
個人的には、光学ビューファインダー搭載のFUJIFILM FinePix-X100待ちですが、良いものでした。

撮影機材:RICOH GR DIGITAL III(1枚目、2枚目)
     PENTAX K20D、SMC PENTAX-DAL 3.5-5.6/18-55mm(3枚目)




にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
にほんブログ村
つたない記事を閲覧下さり有り難う御座います。
ポチッと押して頂けると励みになります。

by smj-gnrl | 2010-11-12 19:43 | 風景
2010年 11月 09日

定峰峠の御茶会、後アジトでの御茶会、後鬼うどん

関東一時帰還の2日目、10月31日(日)は、毎週日曜早朝に行われている定峰峠の御茶会がある日。
翌日の疲れが抜け切らない中、時間通りに目覚めて早朝から東秩父村/定峰峠の頂上、茶屋駐車場へと
向かいましたが、いつもの面々が相変わらず居て、久々の再会です。
( 熊谷からだと定峰峠までは、約1時間の距離で、7時30分頃に部屋を出て向かいました )

そして今回は、前回の本土突貫の際に偶々定峰峠の鬼うどんで知り合ったRX-8仲間も誘っての参加です。
RX-8仲間は、私よりも一足先に到着して珈琲を御馳走になっていました。
d0177606_19403091.jpg

d0177606_16141843.jpg

しかし、峠の御茶会の外車比率は、相変わらず高い上にVW新型Poloで来ている方の姿もありました。
峠の御茶会と言えば珈琲をその場で淹れて飲むのが定例になっていますが、私も此処の影響を受けて
BIALETTIのエスプレッソマシンことマキネッタを購入した口で、それに留まらず珈琲ポットやら色々機材を
揃えて対応出来る様にしています。

メンバーの中でも現地で珈琲ミルを使って珈琲豆をその場で挽いて淹れるのは、私だけかな。
取りまとめ役のT氏、マキネッタを広めたO氏が居るので、私は、珈琲ポッドを使ってドリップで淹れます。
今日は、昨日使った豆が残っていたキリマンジャロを淹れて皆に振る舞って体を温めました。
d0177606_16275638.jpg

因みに、今回の御茶会には、メンバーきってのエンスーK氏が所用の関係で参加出来ていませんでした。
私が未だ後輩にistDL2を譲渡する前に撮影したK氏の愛車、ロータス/ヨーロッパS2の写真を額に入れて
渡すべく持ってきていたのですが、仕方無いのでT氏に預けて後で渡してもらうことにしました。
去年の11月半ばに同じ場所で撮影していますが、完全に紅葉から落葉になっている時期に撮影した写真です。
d0177606_2011993.jpg

10時頃になると茶屋のおばちゃんが到着、私を見付けるなり「 Nさんじゃない! お久しぶり! 」と。(苦笑)
そりゃそうだ、4月下旬を最後に佐渡島の実家に帰って静養していたんだから、実質6ヶ月程来れなかった。
半年が経つなんて、ほんとあっと言う間な気がします。

何と茶屋のおばちゃんから、今回峠の御茶会メンバーに差し入れとして鹿肉を頂いてしまいました。
皆で七輪で焼いて食べましたが、サッパリしていて非常に美味しい!!
鹿肉は、串焼きを国道140号線を山梨方面に行くと在る雁坂峠の山麓亭で食べたことがありましたが、
山麓亭で食べた鹿肉の串焼きとはまた違った美味しさでした。
d0177606_16213211.jpg

鹿肉を頂いた後は、そそくさと帰り支度をして一足先に撤収させてもらいました。
何せ過密スケジュールだったもので、この後熊谷駅で昔からの友人と待ち合わせをしていたものですから。

結局友人が思った以上に早く着いてしまったので暫く待ってもらって、徒歩で熊谷駅まで迎えに行って合流、
その足で駅周辺の中華料理屋さんで昼食を摂ってから私のアジトまで道中撮影しながら移動です。
部屋に到着すると珈琲を淹れて御茶会をしながらマッタリしました。
d0177606_1641935.jpg

今回友人が新しく仕入れたCANON PowerShot G7を見せてくれましたが、中々大きくゴツイ…。
私は、どうせ買うならマイクロフォーサーズか、NEXシリーズにしておけば?と言っていたのですが、まさか
結構な大きさのあるG7を購入するとは、思ってもいなかったので正直驚き…。

早速早朝都内で撮影した写真を見せてくれましたが、上手く撮れていました。
友人曰く、ズームレンズのお陰もあって、自分の思っている切り口で撮影出来て良かったそうな。

そして今まで友人が愛用していたRICOH GR DIGITAL IIIを無償で頂いてしまいました。(良いのか?)
友人曰く「 光学ビューファインダーが無いのと、ズームレンズじゃないこと、綺麗に撮れ過ぎる 」ことから、
自分の腕で撮っているというよりもカメラの性能に極端に頼った撮影になるのだそうで、意図していたものと
違うからと譲ってくれました。
GR DIGITAL III、これからスナップ撮影用として大いに有効活用させて頂きます。(多謝)
d0177606_2016524.jpg

d0177606_2016346.jpg

友人と一服した後は、一緒に定峰峠の鬼うどんまで行って美味しいうどんを食し、そのまま常連限定開催の
肉パーティーに雪崩れ込みました。(鹿肉、猪肉、魚肉、野菜と何でもござれ!!)
朝も晩も鹿肉でしたが、鹿肉の刺身も食べられて非常に満足でした。(さっぱりしていて美味し過ぎる!!)
ほんとお腹いっぱいに食べて満腹満腹…、ダイエットは、明日からだよね…?(凄まじく遠い目で)

撮影機材:PENTAX K20D、TAMRON AF ASPHERICAL XR [IF] MACRO 1:3.8-5.6/28-200mm
     (1枚目~3枚目、5枚目)
     PENTAX istDL2、SMC PENTAX-DA 3.5-5.6/18-55mm(4枚目)
     NIKON COOLPIX-P5100+UR-E20+WC-E67(6枚目~8枚目)




にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
にほんブログ村
つたない記事を閲覧下さり有り難う御座います。
ポチッと押して頂けると励みになります。

by smj-gnrl | 2010-11-09 20:29 | 風景
2010年 11月 09日

約1週間の関東滞在を終えて…/初日から振り返って

一先ず無事に約1週間の関東滞在を終えて実家の在る新潟/佐渡島まで昨日戻って来ました。
長い様で短い、ほんと短く感じる時間で、充実していた時間だった様に思います。
でもまぁ、最初から予定通りに行かなかった辺り、準備不足と荷物を必要以上に持って行こうとする
悪い癖が出ていたなぁ…と、反省する面もあったかな。


10月30日(土)の朝1便目には、見事寝過ごして乗り遅れ、2便目で何とか無事に本土へと渡り、
新潟港周辺で同級生Hと合流して昼食会をしながら暫しカメラ談義に花を咲かせました。
Hは、念願のデジタルカメラ(SONY製ネオ一眼)を購入したとのことで見せに持ってきてくれました。
第4の色層としてエメラルドを持つ「Cyber-Shot DSC-F828」という、今じゃ絶版品のカメラ。
2/3型CCD、CarlZeiss銘のT*レンズ、光学でなく電子ビューファインダーを搭載する製品です。

 【Sony/Cyber-Shot DSC-F828】
  http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-F828/feature_1.html
  http://navi.kitamura.jp/camera/0000001710.html


実際の写り具合は、03年12月発売の製品ということもあり、電子ビューファインダーの出来具合も
やはりその当時のものなので、実際に撮影してPC上で確認するまでは、分からない部分でしたが、
このカメラでないと実現していない第4の色相を使った色彩再現には、興味を惹かれます。

因みに私もSONY製のデジタルカメラでは、大型撮像素子を搭載しているという点で、これとは違って
「Cyber-Shot DSC-R1」が気になっていて、某オークションでの出物の様子を伺っていたりします。

 【Sony/Cyber-Shot DSC-R1】
  http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-R1/
  http://navi.kitamura.jp/camera/0000001969.html


R1は、撮像素子がAPS-Cとフォーサーズの中間になるCMOSを搭載している異色な製品なんですよね。
レンズは、勿論T*ですし、後々味見に購入することになると思っている機種です。
R1もF828もそうですが、特殊な機種だけに思った程値段が下がらず、高値安定状態が続いています。
両方共未だに相場が20,000円前後なので、手を出すのを思わず躊躇してしまうんですよね。
この価格帯だと程度の良い18-200mmのズームレンズか、PENTAX K10D、NIKON F70sだとか、
レンズもボディも色々物色出来ますし、型落ちになったRICOH CX-3を新品購入することも出来ます。
d0177606_2285411.jpg

Hとの昼食会を終えると、新潟市内の某カメラ屋まで案内してもらおうかと思ったのですが、時間的にも
厳しくなってきたので解散して一路高速道路で関東、もとい埼玉/東秩父村に在る定峰峠の鬼うどんを
目指してひたすら運転、途中PA、SAでの休憩も要所挟みながら移動するも天候は、思った程良く無い。
昼食会を終えた頃に降り出した雨が勢いを徐々に増して、霧雨の濃度が濃くなってきていました。
d0177606_2325420.jpg

御店には、閉店する前に何とか到着したが、結局新潟からの移動に3時間30分から4時間程度かな。
やっぱり何だかんだで新潟と埼玉は、相応な距離があります。(定峰峠の鬼うどんまででも約270km)
私のRX-8typeSの場合は、ガソリンタンクの丸々半分(約30L)を使ってしまうだけの移動距離です。
d0177606_22444442.jpg

本来の予定ならば、昼過ぎには、既に到着している予定だったこともあって、友人達から「遅え!!(笑)」と
言われましたが、当初昼頃に着くと宣言しておきながらすまんかった。(笑)
埼玉、群馬から出迎えてくれて、私は、ちょっと早い御夕飯に予約をしていた焼きうどんを頂きました。

でも、この後の閉店してからラーメン屋に拉致られていくことになろうとは、この時は、考えてなかった。
ラーメン屋に向かっている仲間に「 Jさんが居るって言うから 」なんて言われたら行かざるを得ない。(苦笑)
結局初日の御夕飯は、うどん、ラーメンと炭水化物を大量摂取した日になったのでした。

絶対1日の摂取カロリーを超えてるよなぁ…と思いつつ、アジトに戻って…というか、皆私のアジトで一服!?
結局そのままの流れで私の部屋に雪崩れ込み、皆で珈琲タイムです。(笑)
挽き立ての珈琲豆、キリマンジャロを淹れて皆に振る舞いました。(たまには、誰か珈琲豆を補充して!!)

そうこうしている内に睡魔が…、23時過ぎまで皆でまったり寛ぎ、私は、途中で意識が飛びました。(苦笑)
皆が帰った後は、布団を敷いて直ぐに眠りの世界へと旅立ったのでした。

撮影機材:PENTAX K20D、TAMRON AF ASPHERICAL XR [IF] MACRO 1:3.8-5.6/28-200mm(1枚目)
     NIKON COOLPIX-P5100+UR-E20+WC-E67(2枚目、3枚目)




にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
にほんブログ村
つたない記事を閲覧下さり有り難う御座います。
ポチッと押して頂けると励みになります。

by smj-gnrl | 2010-11-09 00:08 | 風景
2010年 10月 30日

1週間のお休み/関東への一時帰還

明日…というか、今日の5:30の船で新潟に渡り、そこから埼玉/秩父山地に在る定峰峠に向かいます。
向かう先にあるのは、勿論行き着けの御店である定峰峠の鬼うどんです。
今回の関東一時帰還は、RX-8の車検を通す為と、定峰峠の御茶会主催/芋煮会への出席だとか、
色々とあります。
約1週間の間ですが、こちらの日記もmixiもお休みして関東での時間を楽しんできます。
d0177606_2241562.jpg

d0177606_221289.jpg

撮影機材:PENTAX K20D、TAMRON AF ASPHERICAL XR [IF] MACRO 1:3.8-5.6/28-200mm(1枚目)
     PENTAX K20D、SMC PENTAX-DAL 3.5-5.6/18-55mm AL(2枚目)




にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
にほんブログ村
つたない記事を閲覧下さり有り難う御座います。
ポチッと押して頂けると励みになります。

by smj-gnrl | 2010-10-30 02:24 | 風景
2010年 10月 28日

新機材投入/PENTAX K20D(加筆)

昨日から新機材としてPENTAX K20Dを実戦投入、試写してきました。
以前デジカメWATCH記事(?)では、緑の発色に拘ったとPENTAXの方が確かコメントされていましたが、
確かに撮影していて緑の発色が強い様に見受けられる部分があったのを確認しています。
PENTAXとしては、やはり中判フィルムカメラに注力されていた過去がある様に、自然風景の撮影を
主体としていて、自然織り成す風景の発色をより鮮やかに再現する…ということが特色なのかな。

 【K20D関連記事】
  http://dc.watch.impress.co.jp/cda/review/2008/05/21/8509.html
  http://www.digi-came.com/jp/modules/k20d/06_TANAKA.html
  http://www.pentax.jp/japan/imaging/digital/slr/k20d/feature.html


因みに入手したK20Dは、これもYahoo!オークション経由でしたが、前オーナー様が大切に使用されて
きていたということもそうですが、PENTAXのサービスセンターで交換してもらえるカスタムグリップ仕様に
既になっていたおまけに、拡大アイカップも装着されていたので、正直至れり尽くせりでした。
後は、フォーカシングスクリーンを方眼マットのLL-80に交換すれば、ボディ側としては、完璧ですね。

今回実際のところ、当初狙っていたのは、K20Dではなくて、K10Dだったのですが、どういうわけなのか
オークションでK10Dが結構な額まで値段が上がってしまい、これなら後発のK20Dに的を絞って完全に
落札する方向で入札しようと一気にベットして価格を積み上げて落札したという背景があったり…。
明らかに店頭販売相場よりも15,000円以上安価に落札しているので御の字でしょうと思っておきます。


尚、既にメイン機として使っているPENTAX K-mは、K20Dが登場した08年3月から7ヶ月遅れる形で
08年10月にリリースされた製品ですが、ユーザーインタフェースがK-mからPENTAXの新世代型へと
移行している関係上、操作性という意味では、2ダイヤル方式等の中堅・上位機種に見られる操作性が
K-mには無いものの、ISO感度やWBの専用ボタンが設定されており、実際使ってみると細かい部分で
K20Dが劣っている点も多少なりとも確認出来ました。

只、K20D自体は、既にK-5が出た関係上、1つ下のモデルになったK-7と基本的には、同じ撮像素子を
使っていますし、画処理エンジンの優劣、マイクロレンズのチューニングの差(?)こそあれ、K-7で得られる
味の一端を垣間見れる1世代前の上位機種としては、十二分な性能ではないかと思います。
確か何かの記事でK20DとK-7とでは、撮像素子が厳密には、違うものを使っていると記載されていたので、
恐らくマイクロレンズのチューニングが違うのでしょう…と予測していますが、基本は、同じ撮像素子でしょう。

後は、人生初の縦位置グリップ対応機なので、従来撮影し難く感じた縦方向の撮影もし易くなります。
これ、実際に縦位置撮影をしない人には、中々分かり難い部分かと思いますが、あるとないとで全く違う。
友人からNIKON D1Xを拝借していますが、D1Xの様なハイエンド機種は、最初から縦位置グリップが
合体している形状なので、非常に撮影もし易いし、ボディ自体も持ち易いんですよね。
当面は、K-m改(フォーカシングスクリーンML-60仕様)とK20D、そして実家のK100Dを撮影の主軸に
据える形で活動していこうかと思います。
(使っていく内に防塵防滴ボディを採用する唯一の入門機、K200Dも欲しくなりそうで危険です…)


何でK-r、K-5が発売された直後なのにK20Dに手を出したの…?と思われる部分もあるかと思いますが、
何も最新の機材を投入するばかりが最良の選択(特にお財布事情的に…)ではないということもそうですが、
こと1年毎にモデルチェンジするデジタル一眼レフを、その都度最新機材にしていくのは、1年後訪れるで
あろう価格暴落を考えると、初期投資を大きくすること程馬鹿馬鹿しいことはない、と感じているからです。
まぁ、今回の私の場合は、正直お財布事情が一番なのですが…。(遠い目)

只、正直言って私が初めて使ったデジタル一眼レフPENTAX istDL2(現在は、後輩に譲渡)を使っても、
今でも全く遜色の無い…というと大げさかもしれませんが、ずっと前の世代の610万画素のモデルですら
ちゃんと写るし、良い作品撮りが出来たことを考えると、ちょっとくらい世代が旧くても大丈夫なんです。
こと私の場合は、問題がボディ側よりもレンズや記録媒体にある様な気がしてきています。
SDカード、もっと記録速度の速いものに変更しなきゃいけないだとか、根本的な部分が問題になりそうです。


最近は、デジタルよりもフィルムに極端に偏って撮影活動をしていたのもそうですが、流石に今回のK20D
購入(の他にも後付バッテリーグリップD-BG2、TAMRON 1:3.8/5.6 28-300mm MACRO)をしたので
出費が重なってしまい、暫く大人しくデジタルでの撮影に集中していこうと思います。

何だかんで言いつつ、フィルムでも撮影するとは思いますが、現像を後回しにする形かな。
前の日記にも書いていますが、現像が終わったフィルム、未だスキャンし切れていないんですよね…。


さて、昨日の話になりますが、私を佐渡市美術展覧会に誘ってくれたK氏、見事に入選でなく受賞でした。
やっぱり入選じゃなく受賞しなきゃ駄目だよなぁ…。
会期最終日だった昨日は、入選した作品の回収をし、10月30日から関東に一度帰るので、その際に
お世話になっている方達に渡したい写真を引取に伺うべく、いつもお世話になっているカメラ屋さんへ。
カメラ屋さんの店員さんに「 Nさんの作品見ましたよ 」と言われ、回収してきた写真を見せつつ談笑。
「 Kさん、入選じゃなく受賞してましたよね 」と話をしつつ、暫くまったりしてきました。
d0177606_2010452.jpg

d0177606_20121591.jpg

d0177606_20111765.jpg

撮影機材:PENTAX K20D、SMC PENTAX-DAL 1:3.5-5.6/18-55mm AL、Kenko PRO1D



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
にほんブログ村
つたない記事を閲覧下さり有り難う御座います。
ポチッと押して頂けると励みになります。

by smj-gnrl | 2010-10-28 20:41 | 風景