CAMERAと一緒

smjgnrl.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 08月 24日

SONYの本気

ミノルタからコニカミノルタへ、そしてコニカミノルタからSONYへと資産が受け継がれてきて、
一眼レフと言ってもSONYの印象は、正直強くなかった様に思います。
元々がデジタルハンディカムだとか、動画技術の方が強いメーカーだったせいもあるのかも
しれませんが、Canon、NIKON、OLYMPUS、PENTAXといった既存のメーカーに対して
強く出れていなかった部分があるSONY。

そのSONYも遂に大きく打って出てきた様です。
α65、α77、NEX-7と矢継ぎ早に新機種を本当に発表してきた上に、α77に至っては、完全に
他社中堅機を意識して防塵防滴、標準レンズが16-50mm F2.8通しで超音波モーター仕様。
シャッター耐久値も15万回という非常にハイエンドな中身になっています。
撮像素子も新型の2000万画素オーバーのものを搭載してきていますし、完全にCanon機を
意識して出してきているとしか思えない。

 ( 友人がα550ユーザーなのですが、もしかしたらα77を購入するかもしれません。 )

SONYは、撮像素子をNIKON、RICOH、PENTAXに供給しているかと思いますが、今回搭載
してきた新型撮像素子は、恐らくNIKON D300sの後継機種にも搭載されるのでしょう。
只、SONYが先行しているところを見ると、やはり自社で撮像素子も設計して生産することが出来る
SONY側に分があったのかな…と思う部分があります。

何にしても新型機種、新型レンズも出て市場にも明るい話題になるでしょうし、良い意味で他社との
競争が活発になってくれそうです。

by smj-gnrl | 2011-08-24 21:16 | カメラ


<< SONY α77を触ってみた      GRD3入院 >>