CAMERAと一緒

smjgnrl.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 08月 09日

喫茶店で一服しながら…

BiG mini Standaでテーブルの上の被写体を撮影しようとすると、どうも距離が近過ぎるのか
シャッターを切ることが出来ない。
近距離撮影が出来ないということは、使い勝手的には、レンジファインダーに近いのかもしれない。
これでマクロ域とまでいかなくとも、座っている状態で自分の座席からテーブル上の被写体を撮影
出来るくらいの汎用性があれば良かったのだけど、これが仕様だから仕方がない。
d0177606_15345074.jpg

d0177606_15354588.jpg

撮影機材:PENTAX K10D、TAMRON 18-200mm


最近何となくだけど、各焦点距離の視野角が分かる様になってきた気がする。
28mm、35mm、50mm、75mm、この中で一番使い易いのが50mm、次が35mmだろうか。
被写体を整理し易い50mm、汎用性の高さで35mmの様な気がしている。
そういう意味では、今K-5で使っているDA★16-50mmは、普段使いに万能なレンズなんだろう。

by smj-gnrl | 2011-08-09 15:46 | カメラ


<< 避暑地を求めて      GRDIIIの修理とフィルムで... >>