CAMERAと一緒

smjgnrl.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 07月 31日

気になるカメラ

d0177606_1452372.jpg

d0177606_1452337.jpg

PENTAXフォーラムに行って直接触ったのが悪かった。
645Dに対する興味が…どうしても拭えずにいます。
只、PENTAXを使い、もとい風景写真を専門にしている
今の状況としては、645NII辺りを先に着手するべきな
気もしていますが、先が長い話しになりそうです。
先ずは、APS-Cのレンズ資産をきちんと揃えないと。

そう言えば、秋葉原のカメラのキタムラに今正に話題
になっているSIGMA SD1のパンフレットがありました。
同級生が購入するはずでしたが、余りの価格の高さに
買えずに我慢していますが、解像感がパンフを見ると
凄い…ということが伝わってきます。
せめて25万〜35万円程度で出ていれば…。

当初の予測価格を大幅に逸脱してしまったのは、恐らく
新型撮像素子の歩留まりの影響でしょうが、この機種で
一気にシェアを拡大出来るチャンスでもあったのでは
ないかと思うと、少し残念な気持ちです。

只、SIGMAには、これからも頑張って欲しいですね。
未だ未だ未完成なカメラ、現像ソフト含むサポートが
ネックかもしれませんが、唯一無二のセンサーでこそ
実現出来る画がある、そんな期待を持たせてくれる、
それがSIGMAだと思います。


SD15は、店頭で使用してみましたが、インタフェースも
割と使い易かったかな。
只、赤い色が橙色になったりと癖があるので、撮って
出しのJPEGでなくRAW現像ありきなのでしょう。
癖があり、使い手を選び、だからこそ使いこなした際に
得られる満足感も高い、そんなカメラなのかもしれません。

万能じゃないからこそ、今のカメラにない味がある、
そんな気にさせてくれる気がします。

by smj-gnrl | 2011-07-31 01:45 | カメラ


<< カメラ屋さんと仲良くなるには…      個展見学 >>