CAMERAと一緒

smjgnrl.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 02月 16日

佐渡島/冬の星景と稲妻発生の瞬間

日記の更新、閲覧が滞っていますが、体調の方は、緩やかに良くなってきています。
只、気を抜くとまた体調を崩す結構脆い部分があるので、未だ本調子じゃないですね。

さて、日記更新していない間に色々と撮影して撮りためていましたが、冬の佐渡島では
非常に貴重な星空が撮影出来たので掲載しておきます。
先日叔父の家から帰ったら満天の星空で、久々に撮ってみたくなって三脚を担いで庭先、
自宅裏の田圃地帯と歩いて移動して撮影してきました。

叔父からGXRに関しての質問だとか雪割草の話を聞いて、帰ったのが既に24時過ぎ。
撮影をし出したのも夜中の01時近くになってからでしたが、澄んだ空に広がる星空を見て
寒さを忘れて撮影に没頭しました。
d0177606_994876.jpg

d0177606_925615.jpg

d0177606_928989.jpg

d0177606_93353.jpg

撮影機材:PENTAX K10D、SMC PENTAX DA☆ 16-50mm F2.8ED AL [IF] SDM


撮影している最中、西の空に何度も稲光が見えていたのですが、今回撮影した写真の中に
偶然稲光が発生する瞬間が1枚写っていました。(最後の写真の左上、赤い稲妻が見える)

この時は、雷が凄く光っているなぁ…程度にしか思っていませんでしたが、この激しく発達した
雷雲は、佐渡島南部の海岸線一帯を通過し、実家の直上に05時頃到達、激しい落雷を伴い
実家周辺の電信柱に直撃したのでしょう、停電になった挙句に実家の電気温水器が破損。

周辺民家では、電気温水器以外にTV、洗濯機など諸々が落雷で壊れたとのことでした。
この激しい落雷の影響は、CATVの回線にも影響し、午後になるまでTVもインターネットにも
接続出来ない状況が続きました。

後に聞いた話では、佐渡島南部の海岸線一帯を通過した低気圧は、最も危険な真っ赤な色に
表示される極端に発達した低気圧だったそうです。
私も今回の様な落雷は、人生で初めての経験であり、非常に怖いと感じた出来事でした。
自然災害の前には、人間の成す術は、無いのかもしれません。



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
にほんブログ村にほんブログ村
つたない記事を閲覧下さり有り難う御座います。
ポチッと押して頂けると励みになります。

by smj-gnrl | 2011-02-16 09:33 | 風景


<< 新しいカメラを買うべきか/追記有      PENTAX K-5Limit... >>