CAMERAと一緒

smjgnrl.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 12月 17日

柿をついばむ

実家の庭先には、昔からある恵比寿候柿と呼ばれる渋柿の木があり、毎年大きな実を実らせています。
この柿は、恵比寿候に御供えするものだ…と、昔から祖母が言っていましたが、誰一人食べようとしません。

渋柿に関しては、私の故郷である佐渡島の旧羽茂町が「 おけさ柿 」という名前で売られている平種無し柿、
八珍柿の産地として名が知れているのですが、恵比寿候柿の様なものは、地元では、極々マイナーな柿です。

只、この柿は、一部の層に人気があります、野鳥という自然界の住人にですが。
誰も収穫せずに実らせたままの柿は、渋みが抜けて完熟してくると、ヒヨドリが飛んできてついばみます。
d0177606_1139545.jpg

d0177606_115333.jpg

撮影機材:PENTAX K20D、TAMRON AF ASPHERICAL XR DiII LD [IF] MACRO 1:3.5-6.3/18-200mm

昨日K10Dで撮影していた際に再び起きてしまったAF誤動作する不具合ですが、やはり基盤交換での修理が
必要になってきている様です。(PENTAXオンライン簡易見積もりで約2万円)
購入した時点でカスタムグリップ仕様になっていた上に、ファームウェアがVer1.30になっていたことを考えると、
前所有者がDA☆レンズを装着して本気で撮影して酷使していたのでしょう。

何処かの段階で修理入庫させる必要がありそうですが、K10Dは、例え修理してでも使いたい機種です。
暗部ノイズの少なさ、ノイズ耐性の高さは、K20Dを凌駕しているだけに、ISO1600までしかなかったりと
ありますが、大事に使っていきたいと思っています。
現状所有しているPENTAXデジタル一眼レフ機は、K20D、K10D、K-mがありますが、K-5を導入した際の
サブ機にK10Dを使うことになる気がしています。



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
にほんブログ村
つたない記事を閲覧下さり有り難う御座います。
ポチッと押して頂けると励みになります。

by smj-gnrl | 2010-12-17 12:09 | 風景


<< 佐渡島の冬/大佐渡山脈冬景色      冬の装い >>