CAMERAと一緒

smjgnrl.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 11月 27日

増えていく使用機材/初OLYMPUS機投入

最近カメラの収集熱にも火が付いている状態でして、単純に使用機材が増えている状況にあります。
友人からGR DIGITAL IIIを頂いたり、ASAHI PENTAX 6X7の2機目を投入してみたりと…、ほんと
周囲がカメラだらけな日々です。(苦笑)
取り敢えず遊休在庫を何処かの段階で友人に譲るなりして処分していこうかと考えていますが、それでも
どんどん増えていきそうな気がしています。(もう防湿庫の導入は、遅かれ早かれ必須だな~…)

因みに同級生Hが特定のカメラでしか吐けない画質に魅力を見出して、SONY SyberShot DSC-F828を
愛用し始めていますが、私も触発されてSIGMA DPシリーズを購入寸前までいきかけました。
…が、Yahoo!オークションは、思いの外FoveonX3採用機に注目が集まっている様で値段が高い。
東京のカメラのキタムラ/日本橋店(JR神田駅南口から徒歩10分程度)でなら程度良品が2万円しないで
DP1系なら手に入るのに、それすら2万円を軽くオーバーしてくるから困り者です。

で、私が目を付けたのが、OLYMPUS E-300、E-330というフォーサーズ規格の一眼レフです。
何が良いのかって、E-300は、Kodak製撮像素子を採用し、青の発色が際立っている「Kodakブルー」と
言われる発色が気になっていたのと、E-330は、Panasonic製のLive-MOSを採用してライブビュー対応に
なった上に「OLYMPUSブルー」と言われる青の発色の強さを聞くからです。
どっちにしても旧い機種なので画質面がどうなの…?という部分もありますが、そこは、追々確認していきます。
d0177606_22151523.jpg

しかし、E-300、E-330共にペンタ部、こと軍艦部が存在しない形なので、「ほんとに一眼レフなの…?」と
いう形状をしていますが、れっきとした一眼レフです。
今回初めてフォーサーズ機を触っていますが、以前愛用していたPENTAX istDL2並みに軽いです。
先日軽登山をした際、機材重量を軽くする大切さを見に染みて体験しましたが、この軽さ、武器になります。
今の時代、色々な機能が付加されて、結果ボディの重さも重たくなってしまっている流れにあります。
でも昔は、こういった軽い機種が極々当たり前だったんですよね。

未だ写り具合云々は、十分に試せていませんが、ことE-330に関しては、結構気に入ってしまいました。
軽いし使い易いし、A3ノビだとか大判印刷をしない、あくまでWEBに写真掲載する程度の範囲であるならば、
十分この時代の機種で事足りると感じます。


にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
にほんブログ村
つたない記事を閲覧下さり有り難う御座います。
ポチッと押して頂けると励みになります。

by smj-gnrl | 2010-11-27 22:16 | カメラ


<< OLYMPUS E-330/O...      佐渡島/紅葉山公園散策(日を改めて) >>