CAMERAと一緒

smjgnrl.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:NIKON F4 ( 4 ) タグの人気記事


2011年 01月 13日

銀塩写真/晩夏の向日葵と広がる雲

佐渡島の天候は、春夏秋冬安定する日が非常に限られている気がします。
写欲が湧かない日に限って天候が途中から絶好調だったり、そんな日に限ってカメラが無いとか
そういう経験が比較的多かった、静養に入ってから特にそう感じています。

この撮影した日は、台風が過ぎ去った日だったか、台風が来る直前だったか忘れてしまいました。
向日葵が元気に咲いていますが、空の雲を写す為には、どうしても露出アンダー気味になります。
台風が過ぎ去ると天候が一時的に良くなりますが、佐渡島のある日本海の天候は、関東圏とは、
全く違う様相を呈しているので、あくまでも一時的でしかありません。
d0177606_1375545.jpg

撮影機材:NIKON F4、Tokina AF 3.5-4.5/19-35mm
     Kodak SUPER GOLD 400




にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
にほんブログ村
つたない記事を閲覧下さり有り難う御座います。
ポチッと押して頂けると励みになります。

by smj-gnrl | 2011-01-13 01:43 | 風景
2010年 10月 24日

夕暮れの空/佐渡島、旧小木町

最近撮り溜めていたフィルムを一気にフィルムスキャンして電子データ化していますが、その量が中々多くて
思う様に作業が進んでいません。(まだ10本くらいは、フィルムがスキャン待ちストックされている気が…)

この夕景は、同じ場所でタイミング違いで撮影していますが、前者の空の感じで後者の灯台が灯っている、
そんな感じで撮影出来ていれば、自分のイメージとしては、ピッタリだったかもしれません。
d0177606_20234639.jpg

d0177606_20261213.jpg

撮影機材:NIKON F4、Tokina AF 3.5-4.5/19-35mm、Kodak SUPER GOLD 400



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
にほんブログ村
つたない記事を閲覧下さり有り難う御座います。
ポチッと押して頂けると励みになります。

by smj-gnrl | 2010-10-24 20:34 | 風景
2010年 10月 20日

秋空、青い海、澄む空気

秋になり、空気の透明度が上がっていく。
寒さよりも何よりも、撮影がし易いことが嬉しい。
稲刈りも終わり、金木犀の香りとススキが本格的な秋を教えてくれる。
d0177606_21402816.jpg

d0177606_21544448.jpg

撮影機材:NIKON F4、Tokina 1:3.5-4.5/19-35mm、Kodak SUPER GOLD 400



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
にほんブログ村
つたない記事を閲覧下さり有り難う御座います。
ポチッと押して頂けると励みになります。

by smj-gnrl | 2010-10-20 21:51 | 風景
2010年 09月 20日

晩夏、迎秋

暦の上でも、実際の空気も夏が終わり、秋を迎える佐渡島の空。
空気が澄んで、吹く風が心地よい、私が最も好む季節の到来です。
稲穂と金木犀が香る、秋の空気が四季の中で一番好き。

気温の上昇は、空気の透明度を落とし、特に此処佐渡島では、周辺を海に囲まれている、
その関係上から夏場は、水平線を含めた撮影が中々し難いシチュエーション。
秋は、そういった意味では、空気の透明度が増して、撮影には、好条件と当たり易い。
これから紅葉も含めて撮影が非常に楽しくなります。

d0177606_4571817.jpg

撮影機材:NIKON F4、Tokina AF 1:3.5-4.5/19-35mm
     Kodak GOLD400
     業務用スキャナー使用(店舗スキャンにて取り込み)




以前から興味のあったNIKON F4を入手し、早速今回の撮影機材として投入してみました。
元々の切っ掛けは、懇意にして頂いている定峰峠の鬼うどんのマスターが愛用しているのが、
NIKON F4S(バッテリーパック部分が違う)で、マスターに「 いつかF4は、買っておけよ 」と
言われたことからでした。

今までPENTAX一筋だったこともあり、NIKONのカメラがどんなものなのか全く知らない私。
ましてや私自身、カメラもデジタルから入った関係上、フィルムカメラの知識に乏しい。
私が静養するにあたって、「 無期限で貸し出しするから持っていけ 」とマスターから手渡された
NIKONやCONTAX、各種フィルムカメラのムック本の数々を見ながら少しずつ知識を増やした。
フィルム時代のNIKONが「 報道のNIKON 」と呼ばれていたことも本を読む内に知りました。
(この拝借した本の中に機械式カメラのムック本があり、その影響でSPOTMATICも入手した)

色々調べていくとAF黎明期に出たF4は、最高のMF機としても成立するらしい。
ファインダー視野率100%、最高1/8000秒の高速シャッターなど、私が所有しているカメラ群に
無い性能を秘めたプロ用のカメラであるF4は、性能も悪くないものの、外装がプラスチック製であり、
どうもそれが影響して市場で人気が無く、思った以上に安価に手に入れることが出来るらしい。
操作性は、アナログ操作を重視したダイヤル式の操作を残していて、見て分かり易い構成でした。
元々アナログ的な部分に魅力を感じる私には、液晶を一切配した操作系は、純粋且つ魅力的!

止めを刺したのは、赤城カメラのコラム、そして既にF4を愛用されている方々のサイトでしょうか。
レンズに対しての親和性の高さは、非常に魅力を感じる部分です。

 【赤城カメラ/NIKON F4の逆襲】
  http://www.photovoicebb.com/column/akagi/column_akagi16.html


Yahoo!オークション経由で入手しましたが、実際一般的に店舗で中古品を購入する価格の半値で
落札し、程度もプレビュー鳴きこそあれど非常に良く、実用に十分耐えうるもの。
しかも私が入手した個体は、ボディのテカリも全く無く、各種機能面も全く問題無しという美品でした。
程度が非常に良かったと同時に、前オーナー様がとても大切に使ってこられたのだろうと感じます。
この価格で入手してしまって良いのだろうか…と、少なからず感じてしまえる一品でした。

レンズに関しても非常に綺麗で、カメラ、レンズ共に出品者様が非常に丁寧な方だったこともあって
とても気持ちの好い御取引をさせて頂きました。(出品者様、誠に有り難う御座いました)
結局カメラ、レンズ込みで20,000円しない価格で入手出来て、非常に御買い得感が高かったです。

F4は、エンジニアリングプラスチックという強度的にも優れたプラスチックを外装に使ってこそいますが、
アルミダイキャスト製のメインフレームが入っているので、持ってみるとズッシリと重さを感じます。
確かに質感という意味では、使い込んでいく内にテカリが出てくるプラスチックは、安っぽさが出ると
思わざる得ない部分だけれど、私が使っているMZ-7に比べたらずっと質感も上だと思います。
いや、ここでMZ-7を比較対象にしては、元々対象にしている購買層が違うのだから駄目かな。


使っていく内に、今まで自分が使ってきたカメラに無い機能が実装されていることに気が付きました。
ピントが合っていない時に前ピンか後ピンかを表示してくれるフォーカスエイド機能がある…。
こんな機能は、デジタル一眼レフのPENTAX K-mにも実装されていないし、あればMF時には特に
役立つと思う部分です。(実際MFし易く感じました)

 よくよく調べていくと、デジタル一眼レフのフルサイズ機、NIKON D3系には、この機能が
 実装されている様です。

ほかには、本来の焦点距離を使えることから、超広角での撮影が容易く出来るということ。
これは、後々デジタルのフルサイズ機、中判機に移行することを決意するには、十二分なことでした。
本来の画角ってこんなに広いんだ…と、撮影しながら暫し感動してしまいました。

 勿論SPOTMATIC、MZ-7で広角レンズを使ってさえいれば気付いた部分でしょうが、
 対応する広角レンズを持っていなかったんですよね。
 PENTAXは、広角側のレンズが総じて中古相場も高めで、手を出せなかったのでした。



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
にほんブログ村
つたない記事を閲覧下さり有り難う御座います。
ポチッと押して頂けると励みになります。

by smj-gnrl | 2010-09-20 20:56 | 風景