CAMERAと一緒

smjgnrl.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2015年 09月 18日

GRが描く星空の軌跡32(函館)

函館山から見える景色は、非常に綺麗で時間を
忘れて撮影し続けました。(次第に手の感覚が…)

ロープウェイ・バスの時間を過ぎた22時以降も
途絶えることなく撮影や夜景を観に来る人達が
来ていました。
d0177606_20225673.jpg
機材:GR、GH-3、GW-3、三脚


by smj-gnrl | 2015-09-18 20:30 | 星空・星景 | Comments(4)
2015年 09月 16日

GRが描く星空の軌跡31(函館) sanpo

先日は、北海道の函館まで遠征してきました。
当初天候が悪くて撮影も出来そうになかったのが
日曜の夕方から快晴になり、函館山の山頂展望台
にて賞味約5時間の撮影をこなしました。

本当なら明け方まで撮影するところですが、今回
装備が不充分で寒さに堪えきれず、体力的限界で
下山を余儀なくされました。(無念…)
また機会を作ってリベンジしたいと思います。
d0177606_19023085.jpg
機材:GR、GH-3、GW-3、三脚


by smj-gnrl | 2015-09-16 19:10 | 星空・星景 | Comments(4)
2015年 09月 07日

瞳の奥のGR

最近は愛猫くーさんを撮影することが増えました。
撮影している間、大人しくモデルをしています。
d0177606_23103080.jpg
機材:GR


by smj-gnrl | 2015-09-07 23:30 | | Comments(4)
2015年 09月 03日

アートアクアリウム展2015

第一回目から通っているアートアクアリウム展。
今年は自分が体調を崩してばかりなので、友人とは
一緒に行かず敢えて仕事帰りに独り見てきました。
自分にとっては色々と思い入れある催しです。

第一回目以降、内容詰め込み過ぎの挙げ句の果てに
料金を下げたものだから人が来すぎてキャパ超え。
更に観に来る客のマナーも悪くなっていました。

ですが、打って変わって今年は本当に量も質も共に
良い、満足出来るアートアクアリウム展でした。
展示も空間を充分に使い、人の動線も問題なく確保
した上でバリアフリーな場所も設けている。

内容としては第1回目に次ぐ出来映えで、観ていて
楽しく感じると共に、のんびり観賞出来ました。
d0177606_23151574.jpg
d0177606_23154754.jpg
d0177606_23165596.jpg
d0177606_23222552.jpg
d0177606_23162107.jpg
d0177606_07145229.jpg
機材:GR




by smj-gnrl | 2015-09-03 23:25 | 動物 | Comments(2)
2015年 09月 02日

GR使いは惹かれ合う2

GR blogが10年の節目で一旦終了するというのは、
正直寂しい気持ちもあり、感慨深い気持ちもあり、
やはりGRは素晴らしいな…と思う次第。

GR blogの左上にも出ていますが、来月後半には
GRDが出てから数えて10周年の記念イベント開催
とのことで、非常に楽しみにしております。

イベント当日は、相応数の歴代GR含めた使い手が
メーカー側/ユーザー側を問わず集まるでしょう。
私も友人のGR使い数名を連れて参加する予定です。

GR blog 7周年記念 江ノ島オフの時は、GRと外部
ストロボを組み合わせて使っている方とかもいて
凄いなぁ…と見てましたが、今回も独創的な方が
いるのかな~…と予想しております。
d0177606_20073820.jpg
機材:GR


by smj-gnrl | 2015-09-02 20:15 | 閑話休題 | Comments(0)
2015年 09月 01日

GR blogよ、また会う日まで。

今までライターさん達が編集・投稿されてきた
GR blog、9/10で一旦終了するとのアナウンスが
ありまして驚いております。
GRD3を使い始めて御世話になったきたGR blog、
もう始まって10年になるんですね。

寂しくなりますが、始まりがあれば終わりもある。
ライターを務めてきたRICOHスタッフの方々には、
感謝の気持ちで一杯です。
こんなにも使い手とメーカー側が寄り添っていた、
距離感を近くしてくれたものは無かったです。


私とGRの付き合いは、数年前に旧い友人からGRD3
を譲ってもらって始まりました。
GRD3の使い易さに惚れ込み、その後は自分で追加
購入して、ほんと年がら年中使い込みました。

手が小さな私の掌でも収まるコンパクトなボディ
は、常に持ち歩く気にさせてくれました。
起動から撮影までに要する時間の短さ、撮影時に
フォーカス距離を一発設定出来る等の使い心地は
絶対に他社では真似なんて出来ないものでした。

GRD3は、その後親しい友人に貸し出し、友人も
GRD3で完全にハマった末にGRD4、GRと購入する
ことになります。


GRD4は青山で開催の先行会にも参加しました。
( DPシリーズを使っている人達も大勢来てた。 )
RING CUBEにも通い詰め、レンタルしてもらって
都内各所撮影して巡った末に購入しました。

コンデジとして比較明合成を初めて実装し、
星空の光跡を撮影出来る様になった新世代機は、
私が前々からやりたかった星景撮影を可能にして
くれました。
現在では各社この機能を実装してきていますが、
その火付け役は間違いなくGRD4でした。

このGRD4では、新たな経験もしました。
購入したその日に撮影したアートアクアリウム展の
写真2枚は、江ノ島で開催されたGR blog 7周年記念
オフ会の生トラックバック準グランプリに選ばれ、
RICOH傘下にPENTAXブランド帰属後初開催の
PENTAX RICOHフォトコンテストではRICOH賞を
戴きました。
授賞式でお会いしたRICOHのスタッフの方とも
交流させて戴き、充実した時間を過ごせました。

GRD4は、結局購入からの2年間で10万回シャッター
を切り、シャッターユニット含む部材交換オーバー
ホールの末、私が眼をかけた次世代のGR使いたる
某高校写真部の部長に受け継いでもらいました。


GRの都内で開催された先行会、GW後半のどしゃ
降り雨の日でしたが参加しました。
傘を差しながらβ機を持ち出して色々試しました。

GRは予約して発売日に入手して、星空・星景撮影
の主力機材となりました。
そして今でも私の普段使いも含め、肌身離さずに
持ち歩く相棒として傍らに居ます。

GR blog、今まで本当に有り難う御座いました!!
再び再会されるのを心待ちにしつつ、これからも
GRと共に歩いていきます。
d0177606_00330819.jpg


by smj-gnrl | 2015-09-01 01:10 | 閑話休題 | Comments(4)