CAMERAと一緒

smjgnrl.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 30日

PENTAX RICOH GRが描く星空の軌跡6

GRでISO25600で撮影した湯ノ湖の星景写真をカメラ内RAW現像してみました。

先日掲載したものは、撮って出しのJPEG写真でしたが、今回は、RAW現像した上で
色合いを変更してみましたが、如何でしょうか?

個人的には、仕上がり具合を見る限り、実用にも十分耐え得ると思いました。
大判印刷だと少し考えなければいけないかもしれませんが、ことblogなどのネット上で
鑑賞するレベルであれば、問題ないかと思います。


また、コンバージョンレンズに62mmφのフィルター用の溝が切ってあることを利用して
PRO SOFTON Aを組み合わせた上でナノトラッカーと組み合わせて撮影してみたら…。
かなり良好な成果を出せそうな気がしています。
d0177606_2394056.jpg


撮影機材:PENTAX RICOH GR、GH-3、GW-3、GV-1、CA-2、三脚
詳細設定:ISO25600、F2.8、5s
       コンバージョンレンズGW-3による広角拡張35mm換算21mm相当
撮影場所:奥日光湯元温泉、湯の湖のほとり



ここ暫く再び掲載が途切れ気味ですが、パソコンとFOMA Xi端末の調子が悪いのとで
インターネットに頻繁に接続出来なくなる状況が続いております。

騙し騙し繋いでいる状況ではありますが、追々何処かの段階でパソコン、ネット接続用の
端末と一式一新してしまいたいところです。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へにほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ


by smj-gnrl | 2013-06-30 03:01 | 星空・星景
2013年 06月 19日

PENTAX RICOH GRが描く星空の軌跡5

星景撮影しつつ、今回ISO感度を変更してノイズ耐性のテストも行ってみました。
星空を動かさない為、撮影条件で変更する箇所は、あくまでもISO感度だけです。
その都合上、ISO感度変更に合わせて露出も暗くなっています。

尚、掲載写真は、全て撮って出しのjpegなので、RAW現像することで画質も改善が
可能かもしれません。

ISO25600
d0177606_20393044.jpg


ISO20000
d0177606_20433740.jpg


ISO16000
d0177606_20454576.jpg


ISO12800
d0177606_20463210.jpg


ISO10000
d0177606_20471925.jpg


ISO8000
d0177606_2048533.jpg


ISO6400
d0177606_20484997.jpg


ISO5000
d0177606_20492981.jpg


ISO4000
d0177606_20504972.jpg


ISO3200
d0177606_20512579.jpg


撮影機材:PENTAX RICOH GR、GH-3、GW-3、GV-1、CA-2、三脚
詳細設定:F2.8、5s
       コンバージョンレンズGW-3による広角拡張35mm換算21mm相当
撮影場所:奥日光湯元温泉、湯の湖のほとり



GRを星景撮影に一通り使ってみた感想としては、ISO1600~ISO6400が写真として
鑑賞する上で無難に使えるかなと思ったのと、SSは、10s~30sの間が望ましいかな。
星を流さないなら15sくらいに出来れば留めておきたい感じです。(21mm相当時)

赤道儀を使っての撮影であれば、更にSSも稼げると思いますが、地上の景色を流さずに
撮影するとなると、やっぱり30s以下に留めたい気がします。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へにほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ


by smj-gnrl | 2013-06-19 21:06 | 星空・星景
2013年 06月 13日

PENTAX RICOH GRが描く星空の軌跡4

大体撮影に集中している時に限って、後で見直した時に『 別Verで撮影した駒があれば 』…と、
反省点が見えてくるのが常なわけで、今回もそうした部分が少なからずありました。
d0177606_0285448.jpg

天の川と蠍座が隣合わせに写っている様子ですが、星が写り過ぎているのと、露出を明るく
し過ぎていたこともあり、目視しても判り難かったので赤丸印を付けてみました。

1枚目の写真に対して2枚目でコントラストを上げて、蠍座を構成する星に丸を付けましたが、
これで蠍座の形が判るでしょうか。(こうして印を付けて見てみると、結構大きな星座ですね)
d0177606_0334236.jpg


撮影機材:PENTAX RICOH GR、GH-3、GW-3、GV-1、CA-2、三脚
詳細設定:ISO3200、F3.2、30s
       コンバージョンレンズGW-3による広角拡張35mm換算21mm相当
撮影場所:奥日光湯元温泉、湯の湖のほとり



今日は、帰りに銀座RICOH RINGCUBEに立ち寄って、今回の星景撮影結果を報告しつつ、
撮影時の要望を出しておきました。



 1)撮影で写るのに背面液晶からでは、星景撮影時に構図が確認出来ない。

 ⇒SONY NEX系の様に、撮影結果になるべく近い状態で背面液晶に表示してくれるなり、
   何らかの対策をしてくれないと、現状のままだと構図調整は、外付けのOVF頼みになる。
   ファームウェアVer.UPでゲインアップ処理をして構図確認可能な様に表示すべき。
   尚、他GRDシリーズ(3、4)は、F値が明るかったこともあり、背面液晶での構図確認可。
   何処かの段階でF値を更に明るくしてくれたら嬉しさも倍増ですが、難しいかな。


 2)対角魚眼レンズのコンバージョンレンズが欲しい。

 ⇒以前も直接伝え、そもそもGR先行体験会の時にもお伝えしてある内容でしたが、改めて。
   今回の撮影の様に広大な星空を撮影する際、やっぱり21mmですらも画角が不足します。
   出来れば対角魚眼仕様にして広大な星空を写しきってしまいたい。


因みにGR BLOGのトラックバックを見る限りでは、星景撮影に新型GRを本格的に投入した
ユーザーは、私以外には未だいなさそうな感じです。
所長さん達も未だこういう写真を見ていない様だったので、恐らくそうなのでしょう。
…というか、星景撮影の為にGRを導入した人ってどの程度いるのでしょうか…?(結構少ない?)

…で、GRを使ってみた感触としては、ISO6400まで実用感度として使うことが出来る上に、
見方によっては、ISO25600も未だどうにか見れると思います。
尚、今回の撮影時に一応テスト撮影を一通りしてきているので、後日掲載したいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へにほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ


by smj-gnrl | 2013-06-13 07:00 | 星空・星景
2013年 06月 12日

PENTAX RICOH GRが描く星空の軌跡3

  私  『 ちょっと待って…、今湖面が光らなかった…? 』
友人達『 え…? 』

湖面がキラッと光った瞬間を見逃さず、じーっと見てみたら見事に星空が湖面へと
写り込んでいました。 :)

こんな風に水面に星空が写り込んでいる写真が撮れるなんて夢にも思わず、皆で
歓喜しながら、寒さも忘れてひたすらシャッターを切りました。
d0177606_2332557.jpg


撮影機材:PENTAX RICOH GR、GH-3、GW-3、GV-1、CA-2、三脚
詳細設定:ISO6400、F2.8、15s
       コンバージョンレンズGW-3による広角拡張35mm換算21mm相当
撮影場所:奥日光湯元温泉、湯の湖のほとり



新月の日の星空の美しさは、正に別格で、今まで見たことが無い様な美しさでした。

私が立ち上げた分科会、mixi星空・星景撮影倶楽部のメンバー数名も同時期に長野、
群馬と場所こそ違いますが、やはり星景を撮影し、良い成果を残せた様です。 :)


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へにほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ


by smj-gnrl | 2013-06-12 07:00 | 星空・星景
2013年 06月 11日

PENTAX RICOH GRが描く星空の軌跡2

奥日光での星空撮影を経て、天の川と蠍座の位置関係を理解したところです。
蠍座が丁度南の空に上がってきた際に、その左隣に天の川が見えてきます。 :)


新型GRを使っての撮影は、先日の秩父高原牧場のポピー畑と星空の撮影を皮切りに
今回の奥日光での星景撮影へとメイン機材として導入を開始しています。

GRD4の頃と違い、処理速度の高速化が図られているので、RAW+JPEG保存しつつ
撮影しても処理速度が換わりません。(掲載写真は、全て撮って出しのJPEGです)

画質、処理速度共に申し分が無いですが、こうした暗所撮影時には、従来のGRD系から
レンズがF2.8と暗くなってしまったことによる弊害として、星景撮影時に液晶での構図の
確認が全く出来ません。
外付けのOVF(GV-1、GV-2など)を装着することが必須になってしまうところがあります。
後は、三脚そのものに精度の高い水平器が付いていることもかなり重要な要素になります。
d0177606_23111728.jpg


撮影機材:PENTAX RICOH GR、GH-3、GW-3、GV-1、CA-2、三脚
詳細設定:ISO3200、F3.2、30s
       コンバージョンレンズGW-3による広角拡張35mm換算21mm相当
撮影場所:奥日光湯元温泉、湯の湖のほとり



従来自分の中では、星空・星景撮影なら長野/乗鞍高原というイメージが強かったですが、
奥日光~中禅寺湖までの区画は、撮影に適しているということが分かりました。 :)

流石に中禅寺湖周辺は、街灯が多いので奥日光と比べると撮影向きではないのですが、
それでも天の川を一緒に写したりといった撮影は、可能です。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へにほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ


by smj-gnrl | 2013-06-11 12:00 | 星空・星景
2013年 06月 09日

PENTAX RICOH GRが描く星空の軌跡1(誤記訂正あり)

新月で全く月明かりの無い中、友人達と3人で奥日光で最高の星空を見て、撮影してきました。
目の前に広がる広大な空に横たわる天の川、そして降り注ぐ大小の流星達を見ながら、寒さすら
忘れて延々と撮影に打ち込みました。

目の前に広がる星景は、以前長野/乗鞍高原で見た星景に匹敵する程の、感動的なものでした。
今回初めて星景撮影を試みた友人は、感動し過ぎて完全に星空・星景撮影の虜になった様です。 :)
d0177606_18141191.jpg


撮影機材:PENTAX RICOH GR、GH-3、GW-3、GV-1、CA-2、三脚
詳細設定:ISO6400、F3.2、30s
       コンバージョンレンズGW-3による広角拡張35mm換算21mm相当
撮影場所:奥日光湯元温泉、湯の湖のほとり


※詳細設定の内容誤記を訂正しました。


今回撮影に挑んだメンバーで使った機材は、以下の通り。
撮影中は、メンバー内で機材を一部シェアしながら、各自興味のある機材をテスト運用してみたりと、
非常に有意義な時間でした。

 ・PENTAX K-5
 ・PENTAX K-30
 ・PENTAX O-GPS1
 ・RICOH GRD4
 ・PENTAX RICOH GR
 ・OLYMPUS OM-D EM-5


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へにほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ


by smj-gnrl | 2013-06-09 18:43 | 星空・星景
2013年 06月 03日

RICOH GRD4が描く星空の軌跡7

金曜は、夜空に星が見えたので、帰ってから秩父高原牧場のポピー畑に移動して星景撮影へ。
現地に到着すると既に先客がインターバル撮影をされていて、私も近くで機材をセットして撮影開始。
途中から星景・朝日撮影を主軸に活動している友人も合流して、同じ場所で3人で朝方まで延々と
撮影に打ち込みました。 :)
d0177606_053268.jpg


撮影機材:RICOH GRD4、GH-2、GW-2、三脚
詳細設定:ISO80、F1.9、60s、ボディ内比較明合成で約57分間の撮影を合成
       コンバージョンレンズGW-2による広角拡張35mm換算21mm相当



現地に着いた時には、雲で空も覆われていた関係上、星も殆ど撮影出来ないだろうな…と思っていた
のにも関わらず、結果は、予想以上のものでした。 :)
よーく見てみると、上の方を飛行機が通っているのも分かりますね。(赤い光跡が点々と残っている)

GRも今回から実戦投入を開始しましたが、思っていた以上の成果を出せています。
但し、F2.8とレンズ開放値が暗くなってしまった都合上、暗所撮影で液晶画面での構図確認云々は、
難しいな…と感じました。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

by smj-gnrl | 2013-06-03 00:43 | 星空・星景