CAMERAと一緒

smjgnrl.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2011年 04月 21日

自分なりの親孝行

正直、そんなに真面目に人生に取り組んできていなかった自分にとって、
親にしてやれること、何なんだろうと思うことがある。
精神を病んで、心も体も壊して静養して、ようやく這い上がろうとしている、
そんな自分がやれること、やっぱり自分で独り立ちしていくことなんだろう。

家族で一緒に居る時間を長く持ちたい、お母さんの言う言葉は、裏表の無い
事実だと思うし、今回の様な大震災があったからこそ余計にそう思うだろう。

でも、それでも私は、関東に戻ることに決めている。
家族と離れる、一緒に居る時間が少なくなることは、勿論分かっている。
でも、私が戻る場所は、立ち直ってやるべき仕事は、関東にあるんだから。


私は、元々プライドも高いし、融通の利かない部分も多いし、覚えも悪い。
堅物だし、人間が出来ているわけでもない。
正直仕事が出来る人間じゃないし、劣等感の塊みたいなところもある。

それでも師匠から「 お前は、変わった 」、「 成長したよ 」と言われる都度、
やる気を出して自分なりに精一杯努力してきたつもりだ。
その努力がどの程度のものだったのかと言われると微々たるものかもしれないが。

親類からも「 お兄ちゃん、変わったよね 」と言われたことがある。
多分「 オフ会 」の幹事を務めたり、自分が本来苦手とする営業関係の仕事に
敢えて挑戦することで、少しずつ自分を変えようとしてきたからかもしれない。


人生、長い様であっと言う間に過ぎていく。
私が静養に入ってから、もう1年が経過してしまった。

もう十分休んで、万全じゃなくとも仕事に復帰して良いという段階まできた。
5月に予定している会社との面談結果がどうなるのかは、未だ正直分からない。
でも、復帰して、這い上がってやる。
悪足掻きは、やめないし、関東で仕事をして、将来の生計を立てる。

心も体も万全にして、仕事も趣味も両立させたい。
mixiの青車会、RX-8、双方の活動も再始動させて、盛り上げたい。
勿論撮影活動にも全力を注いでいきたい。


本当の意味での親孝行がどういうものなのか、自分には、図りかねる部分だが、
少なくとも健康で居て、温かい家庭を持ち、孫を抱かせてやれる、そんな普通の
生活が理想なんだろう。

只、今の自分にそれは、直ぐに実現出来ることじゃあない。
だからせめて母の日に花束を贈ることにした。
今の自分に出来る精一杯のことなんだと思う。

「 いつもありがとう 」とメッセージカードを添えて、母の日に着く様に手配した。
ちっぽけだけど、自分なりにやれる精一杯の気持ちを込めて。

by smj-gnrl | 2011-04-21 05:23 | Comments(11)
2011年 04月 18日

ライブ撮影

写欲が湧かないので最近は、ライトノベルことラノベを読み漁っておりました。
IS(インフィニットストラトス)、俺妹(俺の妹がこんなに可愛いわけがない)など。
俺妹は、ようやく半分近くまで読んだ次第です。(残り4巻ある)
久々に小説読んだなぁ…という感じですが、たまには、こうした息抜きも必要でしょう。


さて、佐渡島でも桜が開花し出して場所によって満開になっていますが、4月16日は、
mixi繋がりの友人で佐渡島出身の歌手、YAMATOさんのライブ見学、撮影でした。
K-5とDA☆16-50mmの組み合わせで撮影していましたが、最前列だとステージ上の
全員を写すには、画角が足りませんでした…。OTL

取り敢えず撮影した中から抜粋する形で掲載しておきます。

 【YAMATO】
 http://yamato.smail.co.jp/blog/

d0177606_23172066.jpg


by smj-gnrl | 2011-04-18 23:20 | ポートレート | Comments(8)
2011年 04月 02日

新潟/温泉日帰り旅行の後半(カメラ編)

月岡温泉を後にして、新潟駅まで移動してからのことを書きましょうか。
うちは、三兄弟ですが、長男の私がカメラ関連、次男がPC関連、三男がアニメ関連と今じゃ完全に
持ち回りの分野が決まっています。

趣味の多様性の行き着いた先の結果なんですが、まぁ、新潟駅構内のヨドバシカメラ、ビッグカメラを
見て歩くにも色々見るものの、私と次男じゃ見る視点が全く違うんですよね。
今回の旅行は、次男主体なので本人の見たいPC関連を最優先して各所を歩いて回りました。


…が、カメラ屋巡りを結果的にしているので、勿論私も見たいところは、押さえていきます。(笑)
佐渡島じゃ実機に触れない機種もありますし、これを機にして~と見て歩きました。

驚いたのは、売れていないはずのSONY α900が両店舗共に2機ずつ展示されていたんですよね。
オンラインの所有者blog情報からも「 α900は、ファインダーの見えが凄い!! 」と記事掲載されて
いる比率が高いので、早速覗いて見ましたが、うーん、中々心地好い見え具合です。

そしてフルサイズ機としては、値段も手頃な価格にあるので、高感度側を使わないことを前提にして
考えればAFのCarlZeissレンズ群を本来の焦点距離で唯一使える選択肢なんですよね。


α900を触りながら感慨深く思っていると、中年の御婦人がフルサイズ機を購入するべく店員さんに
色々と質問をされていました。( 値段って未だ高いですか云々とCANON機を見つつ )
やっぱりフルサイズ機が身近になってきたとは言え、未だ未だ値段も高いですからね。

御婦人、多分カメラ本体のことばっかりに気がいってて、フルサイズ対応のLレンズの値段だとかも
分かっていないんだろうなぁ。
一眼レフは、フィルムにしてもデジタルにしても、いつの時代もレンズが命とも言える部分なのです。
そしてフルサイズ対応のLレンズは、漏れなく値段もお高いのですから。


α900を触り終えると、今度は、OLYMPUS E-5の実機を触ってみました。
フォーサーズ素子のデジタル一眼レフって、ファインダーの見え具合がどうしても小さいんですよね。

只、E-5を覗いて見ると、「 おぉ… 」と思える見え具合で、ちょっと感動してしまいました。
弱点を克服するべく、ファインダー( ペンタプリズム )に力を入れているってことでしょうね。
だからフォーサーズ機なのにサイズがこんなに大きいのか…、と納得しつつ、その場を離れました。


次に見ていくのは、NIKON D3x、D3sのプロ用フルサイズ機の二機種。
D3xの方は、友人が所有していて過去に触らせてもらったことがありますが、その頃の私は、カメラの
操作もフィーリングで済まして、プログラムモード任せだった関係上、D3xの操作もろくに出来なかった
苦い思い出があります。(苦笑)

改めてプロ用機を持ってみると、只々「 大きくて重たい 」と感じましたね。
操作自体は、問題無く出来るだろうけど、それでも長時間撮影で持つには、やはり重たいと感じます。
EOS 7Dですら重たいと感じた私には、余計にそう感じてしまうわけですが。
友人は、モデルさんのポートレート撮影に使っていますが、長時間撮影する姿勢には、頭が下がります。


私もいつかは、フルサイズ機を使うことがあるのかなぁ…と思いつつ、PENTAX党している限りは、次に
行き着く通過点は、645Dの中判か~?と思う部分も。( お金が続かないな~… )

取り敢えず、今の私にとっては、フィルム機があるから当面関係の無い話ですね。
フィルム機は、135判、120判(6X7)と、フルサイズ、中判を使っているわけなんですから。


D3x、D3sを見た後は、デジタルハンディカムのSONY NEX-VG10を初見。
NEX-VG10は、追々撮影機材に加えたい素材の1つですが、ファインダーの見え具合も合格点かな。
うーん、お金に余裕があればそのまま持って帰りたい気持ちに駆られた機材です。(笑)

静養中とは言え、私は、復帰したらオフ会だとかを主催する側の人間なので、その時の光景要所の
静止画としての写真以外、動画としても撮影しておきたくなるんですよね。
助手席に撮影班を同伴する形で一緒に移動中の動画撮影なんかも出来たらな~…と考えています。
只、未だ導入する話は、先になるかな。


最後は、FUJIFILMがいよいよ市場投入したFinePix X100を初見、ガラスケースに入っていたのを
出して頂いて触らせてもらいました。
ヨドバシカメラの店員さんの話では、非常に好評で店頭在庫も展示品しか無く、購入する場合には、
予約発注必須とのことでした。( やっぱり売れているし、期待度も高いんだろうなぁ )

先ず光学ファインダーの見え具合ですが、とてもクリアで見易いと感じられる、非常に好印象なもの。
但し、光学ファインダーからピント合焦しているかは、分からないので、電子ビューファインダーへと
切り替えて確認するか、普通のコンデジの様に背面液晶に表示させる必要があります。
カメラ自体のAFを信じてスナップしていく、ちょっと特殊な部類かな…と第一印象として感じました。

追々欲しくなるであろうカメラの1つでしょうが、今回導入を見送ったのは、結果的に正解だったかな。
多分使いこなすのには、相応の時間を要するでしょうし、既にオンライン上でも少しずつ話題が出て
いますが、色々操作性に制限があるらしいので。

只、それでもLEICA X1より安価、且つファインダー付き、フィルムシミュレートによる色再現性追求と
魅力的な要素の詰まったハイエンドコンデジには、変わりないので魅力的な代物には違い無いです。


…とまぁ、温泉旅行の後半は、私にとっては、カメラ要素が極端に高い時間でした。
でも自分に対しての買い物は、K-5用の液晶保護フィルムのみで、次男のE-420用にストラップを
プレゼントしてあげたりと、弟に対しての投資額の方が高かったかな。( 地味に高い買い物だった )

ちょっと洒落た赤いストラップでしたが、次男も早速E-420に取り付けた様ですし、気に入ってくれた
様なので、ちょっぴり奮発した甲斐があったかなと思っています。

by smj-gnrl | 2011-04-02 02:44 | カメラ | Comments(12)