CAMERAと一緒

smjgnrl.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 08月 09日

GR使いは惹かれ遭う

もう随分経つけれど、今年の春先に友人と一緒に
上野まで桜の撮影に出掛けた時のこと。

友人は、GXRにGXR Mount a12とアダプターで
超重量級レンズTakumar 500mmの組合せだった。
私は撮影より友人のサポートメインで、大型三脚
を持ち出していた。


上野公園でそんなモノを持ち出せば目立つ。
バズーカ砲の様な機材に見とれる人が徐々に現れ、
暫くするとアジア系の方が話し掛けてきた。

彼はLeica M9-Pと思われるカメラを提げている
中年の男性で、家族と日本旅行に来たらしい。

片言の英語とジェスチャーでのやり取りだったが
話していると彼もGRを使っていると言う。
友人、私、彼の三人のGRを一緒に撮影して別れを
告げた。

友人も私も国を超えて、GRをコミュニケーション
ツールとして交流出来たことが嬉しかった。
また何処かで出会えることがあればと思う。


by smj-gnrl | 2015-08-09 05:00 | 閑話休題 | Comments(4)
Commented by xylishcool at 2015-08-09 09:53
いい話ですね。GXRはいいアイディアの商品と思いますが、本体を更新して欲しかったです。レンズが惜しいです。
Commented by smj-gnrl at 2015-08-09 16:12
xylishcoolさん≫
こういうこともあるんだなぁ…と思いました。
GXRは途中で開発が頓挫したというか、色々と
残念なところがありましたが、道具としては
よく出来ていましたね。
友人が使っているのは、私が以前所有していた
個体です。
Commented by アトムパパ at 2015-08-10 22:59 x
こんにちわ。

GRって、フィルム時代からの歴史あるカメラですからね~。
ライカに対抗できる、唯一の日本製カメラかもしれません。
Commented by smj-gnrl at 2015-08-11 16:18
アトムパパさん≫
なんというか独自の立ち位置ですよね。
GR1も使っていますが、これの代用になる
カメラってやはりGRシリーズだけです。


<< 神田/白蘭の看板猫      神田/洋食屋 ボンヌ・マール にて >>