2013年 06月 13日

PENTAX RICOH GRが描く星空の軌跡4

大体撮影に集中している時に限って、後で見直した時に『 別Verで撮影した駒があれば 』…と、
反省点が見えてくるのが常なわけで、今回もそうした部分が少なからずありました。
d0177606_0285448.jpg

天の川と蠍座が隣合わせに写っている様子ですが、星が写り過ぎているのと、露出を明るく
し過ぎていたこともあり、目視しても判り難かったので赤丸印を付けてみました。

1枚目の写真に対して2枚目でコントラストを上げて、蠍座を構成する星に丸を付けましたが、
これで蠍座の形が判るでしょうか。(こうして印を付けて見てみると、結構大きな星座ですね)
d0177606_0334236.jpg


撮影機材:PENTAX RICOH GR、GH-3、GW-3、GV-1、CA-2、三脚
詳細設定:ISO3200、F3.2、30s
       コンバージョンレンズGW-3による広角拡張35mm換算21mm相当
撮影場所:奥日光湯元温泉、湯の湖のほとり



今日は、帰りに銀座RICOH RINGCUBEに立ち寄って、今回の星景撮影結果を報告しつつ、
撮影時の要望を出しておきました。



 1)撮影で写るのに背面液晶からでは、星景撮影時に構図が確認出来ない。

 ⇒SONY NEX系の様に、撮影結果になるべく近い状態で背面液晶に表示してくれるなり、
   何らかの対策をしてくれないと、現状のままだと構図調整は、外付けのOVF頼みになる。
   ファームウェアVer.UPでゲインアップ処理をして構図確認可能な様に表示すべき。
   尚、他GRDシリーズ(3、4)は、F値が明るかったこともあり、背面液晶での構図確認可。
   何処かの段階でF値を更に明るくしてくれたら嬉しさも倍増ですが、難しいかな。


 2)対角魚眼レンズのコンバージョンレンズが欲しい。

 ⇒以前も直接伝え、そもそもGR先行体験会の時にもお伝えしてある内容でしたが、改めて。
   今回の撮影の様に広大な星空を撮影する際、やっぱり21mmですらも画角が不足します。
   出来れば対角魚眼仕様にして広大な星空を写しきってしまいたい。


因みにGR BLOGのトラックバックを見る限りでは、星景撮影に新型GRを本格的に投入した
ユーザーは、私以外には未だいなさそうな感じです。
所長さん達も未だこういう写真を見ていない様だったので、恐らくそうなのでしょう。
…というか、星景撮影の為にGRを導入した人ってどの程度いるのでしょうか…?(結構少ない?)

…で、GRを使ってみた感触としては、ISO6400まで実用感度として使うことが出来る上に、
見方によっては、ISO25600も未だどうにか見れると思います。
尚、今回の撮影時に一応テスト撮影を一通りしてきているので、後日掲載したいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へにほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ


by smj-gnrl | 2013-06-13 07:00 | 星空・星景 | Comments(8)
Commented by ks_1119 at 2013-06-13 20:37
星座はからっきしなんですが、蟹座ってこんなに大きいものだったんですね。見つけられるのはオリオン座ぐらいです(笑)。
Commented by smj-gnrl at 2013-06-13 23:03
ks_1119さん≫
さそり座は、アンタレスが赤く光っているので、比較的見付け易いです。
私も分かる星座は、北斗七星とオリオン座くらいかなあ。
さそり座、ここまで長い星座だという認識が無かったです。(苦笑)
Commented by アトムパパ at 2013-06-13 23:21 x
こんにちわ。

やはり使い込むと、新型GRでも、不満点が出てくるのですね。
私には分からないレベルですね~。

この写真も、とてもステキだと思います。
ロマンチストですね~(笑)
Commented by smj-gnrl at 2013-06-13 23:50
アトムパパさん≫
今晩和。 :)
使っていくと、改善して欲しい部分が出てきますね。
RAWでも撮影していたので、後で現像処理してみるつもりです。
やっぱり星空の撮影は、楽しいです。 :)
Commented by xylishcool at 2013-06-15 08:41
星座が分かるほど良く撮れているということでしょうか。
Commented by smj-gnrl at 2013-06-16 22:20
xylishcoolさん≫
星座が分からなくなる程に星が撮れ過ぎていましたね。 :)
標高の高い空気の澄んだ場所と、新月の状況が重なってくれると
此処まで星が見えるとは…。
Commented by photo_track at 2013-06-19 23:33
日本でも蠍座は見られるんですね。
かなり見えてもかなり下の方かと思っていました。

ISOとシャッター速度によってかなり雰囲気が変わるのが楽しそう
ですね、試行錯誤するのって好きです♪
Commented by smj-gnrl at 2013-06-21 21:07
photo_trackさん≫
蠍座は、主に夏の星座というイメージがありますが、南の空を見ると
時間帯次第で見えますね。 :)
確かに高度が低いと見えないですが、時間を掛けて昇ってきます。

色々と設定を変更しつつ、試して良い塩梅の場所を探っていくのも
楽しいです。 :)
問題は、体力がいつまでもつかですね。(笑)


<< PENTAX RICOH GR...      PENTAX RICOH GR... >>