CAMERAと一緒

smjgnrl.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 02月 06日

月暈

年末年始、実家に戻っていた時、庭で撮影した月暈(つきかさ)です。
ハロとも呼ばれている現象で、月や太陽を薄い雲が遮った際、雲を構成している氷の結晶に
光が屈折して環を描く大気光学現象です。

d0177606_0415931.jpg

撮影機材:RICOH GRD3、三脚、ケーブルレリーズ


年末年始から体調を崩しておりましたが、復調してどうにか動いています。
もう気が付けば1月も終わり、もう2月が始まってしまっているわけですが、週末も慌しく動いていまして、
蝋梅、氷柱の撮影に長瀞、秩父方面に出向いたり、先週末は、土曜にCP+を見学するべく横浜まで…と、
ほんと休みの日をろくに休んでいない気がします。

因みに今回のCP+では、印刷関係のブースでアクリル板に印刷する手法を行っているところがありまして、
個展を開催する際に利用してみようかな…と、検討している次第です。
あとは、フレスコジクレーとか、和紙とか、立体感を持たせる際の視覚的な補助効果のある媒体を検討中。
丸富士商会常連会でも個展を開けたら良いのですが、今後調整かな。

そう言えば明日、というか今日は、関東地区で再び雪が降るとかなんとか天気予報でやっていますね。
朝早めに出て、余裕をもって出勤する形を取りたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

by smj-gnrl | 2013-02-06 00:45 | 風景 | Comments(10)
Commented by アトムパパ at 2013-02-06 01:03 x
こんにちわ。
月暈、初めて聞きました。
珍しい現象ですね。

明日(今日)は雪みたいですね。
休日に降れば、写真が撮れるのにな~。
Commented by alpinism2 at 2013-02-06 22:28
お元気になられましたか?
ゆっくりで結構ですので、撮り貯めた写真を見せて下さいませ(^^)
楽しみにしております♪
Commented by ks_1119 at 2013-02-07 08:14
初めて見ましたが、とても神秘的ですね。
Commented by smj-gnrl at 2013-02-09 10:00
アトムパパさん≫
おはよう御座います。 :)
私も調べて『 つきかさ 』という現象だというのを知りました。
なんとなく見ているとは思うのですが、意識して見て撮影したのは、
実のところ今回が初めてですね。

雪は、見事に通勤に影響が出たおまけに秋葉原で人身事故…。
上野から神田まで朝から歩きました。(汗)
休日に蝋梅と雪を一緒に撮れたらと期待したものの、そんなには
上手く降ってくれませんね。
Commented by smj-gnrl at 2013-02-09 10:51
alpinism2さん≫
なんとか復活しております。 :)
…と言っても故障を抱えたまま、相変わらず忙しなくなので、なかなか
写真編集をする時間が確保出来ず…。(汗)
今週の3連休も撮影三昧の予定です。 :)
Commented by smj-gnrl at 2013-02-09 10:52
ks_1119さん≫
とても綺麗で、真夜中の冬空の寒い中、ずーっと眺めていました。 :)
真冬に佐渡島で空が晴れること自体が珍しい中、この現象も見れて
非常に貴重な時間でしたね。
Commented by xylishcool at 2013-02-10 16:20
なかなか貴重な写真ですね。
東京は今年よく雪が降りますね。お気をつけ下さい
Commented by smj-gnrl at 2013-02-12 22:34
xylishcoolさん≫
余り見ない光景でしたが、今回撮影することが出来ました。 :)
今日は、朝から極端に冷え込み、夜も雪が降りそうな感じです。
早く暖かい季節になってほしいですね。
Commented by kimicamera at 2013-02-17 13:48
こんにちは♪

色々なところへ行かれているのですね。
体調を崩されませんように。

お写真の空の色、綺麗ですね〜。
海の中にいる様にも思えてしまいます。
Commented by smj-gnrl at 2013-02-17 19:02
kimicameraさん≫
今晩和。 :)
色々なところで撮影しておりますが、先週半ばから体調を崩しまして、
土日共に伏せっております。(市販の薬で若干体調を回復しつつ…)

この撮影をしていた時は、ほんと真夜中でして、実家の庭で寒空の下
ずっと空を見上げておりました。 :)
淡い雲が行き来する都度、暈(かさ)が見えて、良い感じでしたね。


<< 写真展開催に向けて      OLYMPUS SIX >>