2011年 10月 02日

RINGCUBE、GRD4無償貸し出し開始へ

昨日は、GXR Mを改めて触る為にお昼から銀座に在るRICOH RINGCUBEへ行っていました。
…が、RINGCUBEに到着すると、私と入れ違いにGRDを拝借して撮影に向かう人の姿が…。
RINGCUBEってGRDの貸し出しやってたっけ…と疑問に思い、受け付け担当のお姉さんに聞いてみると
「 実は、昨日(金曜)からGRD4の無償貸し出しを開始したんです 」とのこと。

先日の先行体験会は、1時間という枠組みだったので、じっくり触れなかったという意見もあった関係上、
購買層により深くGRD4を味わってもらえる様にと無償貸し出しを開始したらしいです。
しかし、発売前の製品を無償貸し出ししてくれて、尚且つ11:00-19:00という時間の枠組み内であれば
時間無制限で使わせてくれるのですから、RICOHのやる気は、他メーカーと別格ですね。
多分こうした地道なPR作戦が次の購買層を育て上げ、且つファームウェアVer.UPに必要な情報収集も
兼ねる形になるのでしょう。
d0177606_23372056.jpg

d0177606_23381987.jpg

撮影機材:RICOH GRD4

写真は、ブリーチバイパス(銀残し)を選択して撮影してみました。
多分こういうシーンで使うべき色再現性なんだろうなあ…と何となく思いながら選択しています。

因みに今回は、銀座で機材を拝借して新宿まで持ち出して撮影していました。
GRD4の無償貸し出しが続くなら、暫く拝借してじっくり東京界隈を各所撮影してみようかと思います。

by smj-gnrl | 2011-10-02 23:42 | カメラ | Comments(2)
Commented by ks_1119 at 2011-10-03 08:07
初動は決して安くない機種なんでこういうサービスは良いですよね。
Commented by smj-gnrl at 2011-10-03 15:09
ks_1119さん≫
初動は、価格も「 ん~… 」と悩んでしまう価格ですからね。
GR BLOGと連携させることで、購買層の手を借りる形で生の情報を
PRしようという、RICOHならではのやり方なんだと思います。
購買層側からしても発売前の新製品を思いっきり使うことが出来るし、
非常に良いサービスですね。


<< キンモクセイの香る季節      PENTAX Qで撮る新宿の景色 >>