CAMERAと一緒

smjgnrl.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 10月 01日

PENTAX Qで撮る新宿の景色

ニコンプラザ新宿に立ち寄った足で、そのまま新宿のPENTAXフォーラムに向かいました。
丁度PENTAX Qで撮影した写真を使っての写真展が開催されていたので、それを拝見しにです。
写真家の方達がQを使って撮影した写真群がフォーラム内の展示スペース全体に展示されていましたが、
よく小型撮像素子(1/2.3型裏面照射CMOS)のデジカメで撮影してこれだけの出来になるなあ…と感心。

結構大きく引き伸ばしても見れるものなんだなあ…と思うと同時に、PENTAX自体の画処理エンジンに対する
力の入れ様、レンズの描写性能の高さが相まっている結果なのだろうと感じました。

一通り見終えて、さあ帰ろうかと思ったら…、Qの無償貸し出しを2時間という枠組みの中でやっているらしい。
既に拝借して撮影し終えた人が返却に来ていたので、私もQを拝借してみることにしました。
Qと好みのレンズを拝借出来るので、01 STANDARD PRIMEと03 FISH-EYEの組み合わせで拝借して
フォーラムを後にして撮影に出掛けました。
尚、普通に写っているのが01 STANDARD PRIME、妙に湾曲しているのが03 FISH-EYEを使っています。
d0177606_2593026.jpg

d0177606_314168.jpg

PENTAX Qは、前面に小さなダイヤルが付いていて、ダイヤルを回すことでスマートエフェクトと呼ばれる
色再現性のモードに切り替えて撮影することが出来ます。

2枚目は、極彩かクロスプロセスかAuto110なのか…、何を使ったんだろう…。
撮影する都度、色が変わっていた気もするし、クロスプロセスだったのかな。(自信が無い…。)
d0177606_34116.jpg

d0177606_3771.jpg

この2枚は、銀残しだった…気がする。
プロパティのところに表示してくれれば、未だ判別が付くのですが…。
d0177606_38125.jpg

d0177606_384790.jpg

この2枚は、クロスプロセス。
撮影する都度色が変わり、たまー…に当たりを引く的な博打要素の高い色再現性です。
赤茶けた様な感じに写ると、レトロというか、古い感じがして見えます。
d0177606_3104238.jpg

d0177606_312534.jpg

d0177606_3144998.jpg

1枚目は、何だったか忘れたけど、2枚目は、クロスプロセスです。
3枚目は、夕景撮影モードだった…気がする。
d0177606_3161134.jpg

d0177606_3174022.jpg

この2枚は、普通の撮影モードだった気がするけど、覚えがない…。
d0177606_3185122.jpg

d0177606_3461172.jpg

撮影機材:PENTAX Q、01 STANDARD PRIME、03 FISH-EYE

1枚目は、クロスプロセスで偶々思った様な色に転んでくれた写真です。
2枚目は、中央重点測光にした上で空の露出に合わせてAEロックしたまま新宿都庁をフレーミングして撮影。


撮影を終えてフォーラムに戻ろうとした際、私の後にQを借りた人と偶然外で遭遇、声を掛けられました。
私の姿を見て急に声を掛けてきたから「 何だろう? 」と思ったら、よく見たら相手もQ持ってるし。

私は、単焦点のみ拝借してきましたが、相手は、ズームレンズを拝借して撮影していましたね。
旅行だとかに持ち運びし易い機材として見られている様ですが、確かにこれだけコンパクトに纏められている
機材は、そうそう無いと思います。

暫く立ち話していましたが、時間にも限りがあるので相手の方も撮影の続きに戻っていきました。
Q購入のタイミングを悩んでおられる様でしたが、価格低減するなら年末商戦の時期でしょうね。
恐らく年末とかの段階になるとファームウェアVer.UPもありそうな気がしています。
d0177606_675539.jpg

d0177606_644914.jpg

d0177606_683746.jpg

撮影機材:RICOH GRD3

フォーラムに戻ると、GRD3と大きさを比べてみましたが、やっぱりQ、特別小さいミラーレス一眼です。
値段付けが小型撮像素子搭載製品とは思えない値段の高さとも見れますが、他の機種では、達成出来ない
極端な小ささが売りなので、これはこれで住み分けが上手く出来るのだと思います。

只、爆発的に売れるのか…というと、好きな人だけ買えば良い的な要素の強い製品でもあるので、そんなには
売れる製品ではないでしょうね。(個人的には、触るまで興味がなくて、触ったら欲しくなった機材の1つです。)
今のところ、私の中では、将来導入する機材リストの中にQも含まれていますが、直近ではなく、未だ先です。
GRD4やGXR Mの方が優先順位的には、ずっと上なので。

さて、フォーラムにQ返却に戻ると、担当の人から機能面での要望事項などあったら教えて欲しいと。
もしファームウェアVer.UPで追加可能であれば、各種色再現性を割り当てたブラケット撮影のモード追加を
してくれると良いかな…と伝えておきました。
例えば、1枚目がリバーサルフィルム、2枚目が銀残し、3枚目が雅、…といった感じで。

こういった撮影機能、GRD4で実装されましたが、それより前にFUJIFILMがFinePixでやっているんです。
F600EXRもそうだし、X100とかでもこの機能が実装されていたので、便利だなあと少し羨ましかった部分。

あと、レンズにマクロレンズを追加して欲しい旨も伝えました。
01 STANDARD PRIMEだと被写体に近付き過ぎるとピントが合わないんですよね。
もっと被写体に寄れる様に、最短撮影距離の短いレンズが必要だと感じました。
これは、外で遭遇したQを拝借していた人とも同意見でした。


因みにQを返却した後に担当の方から「 明日もお待ちしてます!! 」と言われました。
様は、明日(…というか既に今日)もまた実地テストをやれということですか、拝承。

GRD4の先行体験会じゃないですが、購買層に直接実地テストをさせた上で意見回収し、開発側に直接
生の意見を流して意見反映、開発していくというのは、非常に良い手法だと思います。
しかもGRD4の時と違うのは、1人2時間の貸し出しという、GRD4の時の倍の時間を使えるということ。
じっくり長く、色々な部分を試すには、1時間じゃ不足していて、やっぱり2時間くらいないと難しいですからね。

今回も撮影を終えてから気が付きましたが、多重露出を試していませんでした。
まあ、今日も都内に出掛ける用事が出来たので、その際に借り出せたら試してみることにします。

by smj-gnrl | 2011-10-01 07:39 | カメラ


<< RINGCUBE、GRD4無償...      NIKON 1 J1/V1 >>