CAMERAと一緒

smjgnrl.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 09月 30日

NIKON 1 J1/V1

今日は、会社帰りに新宿西口に在るニコンプラザ新宿に立ち寄ってみました。
確かmixiか何かで「 新型が置いてある 」との情報を仕入れたので、ちょっと様子見も兼ねて。

 【ニコンプラザ新宿】
 http://www.nikon-image.com/support/showroom/shinjuku/


よくよく調べてみると、新宿西口方面は、PENTAX、NIKON、Canonとカメラの三大メーカーが
拠点を構えている場所でもあるんですね…。(今日まで把握していなかったという。)
PENTAX使いなので、新宿西口=PENTAXの聖地という風に見ていましたが、他メーカーから
見ても聖地と言える場所なのかもしれません。
d0177606_23225662.jpg

d0177606_23233845.jpg

d0177606_23243045.jpg

d0177606_23251229.jpg

新宿エルタワー28Fに在るニコンプラザ新宿に着くと、入り口の一番目に付く場所にNIKON 1シリーズが
沢山置いてありました。
見に来ているお客さんの数は、平日の中途半端な時間なのに、そこそこ居たかな。

先ずは、NIKON 1 V1から見ていきます。(一応展示品は、未だ発売前ということもあり、β機らしい。)
大きさ的には、GRD3よりも若干大きいかな…というくらいの大きさで、持ってみるとそこそこ重たいです。
只、常に持って歩くのが辛いといった重さではなく、適度な重さと言える重量でしょうか。

前面は、のっぺりとしていて、良く言えばスッキリしたデザインです。
見ているとガンダムとかパトレイバーを思い出す、工業的デザインと言えば良いのでしょうか…。

背面は、コマンドダイヤルがあるものの、本来ならある絞り優先AE、シャッタースピード優先AEといった定番
メニューは、ここに何故なのか入っていません。(実は、メニューから呼び出さないと露出モード変更不可。)
元々のコンセプトが「 誰が使っても綺麗に写せるオートカメラ 」的な要素が強い、押せば撮れますという
流れなので、敢えてコマンドダイヤルに設定を置かなかったのでしょう。

V1は、内蔵式EVFが備わっていますが、このEVFの出来が非常に良いのが強く印象に残る要素です。
SONY α77、α65、NEX-5NのEVFも凄いと思いましたが、見え具合という点で良い勝負をするかも。
d0177606_23381337.jpg

d0177606_23393154.jpg

廉価版のJ1の方は、EVFが無く、どちらかというとコンデジの様な趣があります。(でもレンズは、大きい。)
V1は、単焦点レンズが装着されていましたが、こちらには、標準ズームレンズが装着されていました。
このピンクの個体は、限定販売品らしく、数量が限られるそうです。(明らかにカメラが趣味の女性向け。)
d0177606_23414523.jpg

d0177606_2340488.jpg

因みに標準ズームレンズ、沈動式になっていて、OLYMPUS E-Pシリーズの標準ズームレンズ同様に
レンズを使える状態にシフトさせてあげる必要があります。
d0177606_23482298.jpg

さて、絞り優先AE等の当たり前にあるものが無くなっているコマンドダイヤルですが、見慣れぬモードが
実装されているわけです。
上からモーションスナップショット、スマートフォトセレクター、静止画撮影、動画撮影になっています。

実は、モーションスナップショット時にFボタンを押すと、この写真の画面にシフトして撮影イメージ選択を
することが出来る様になっています。
きらめき、ゆらめき、やすらぎ、愛らしさ、この4つのモードから選択出来ますが、どういう写真になるのか
よく分かりませんでした…。(汗)

スマートフォトセレクターは、カメラ側で任意にベストショットを選択してくれるというモードになっています。
どうもスマートフォトセレクターを選んだ時点でシャッターを切る前後の撮影状況を記憶しているらしい。
何にしても、NIKON 1シリーズは、とにかくオートでカメラ任せでバシバシ撮ろうという方向なのです。
d0177606_235076.jpg

d0177606_23505170.jpg

メニューボタンを押してメニューの一覧を呼び出すと、ようやくここで露出モード選択をすることが出来ます。
ISO感度設定もメニュー画面を一度呼び出さないと設定することが出来ません。
とにかく何でもかんでもオートでカメラ任せが基本なカメラなので、マニュアルで設定云々することに対して
比重をそんなに置いていないということなのかもしれません。

只、撮影者が任意に露出変更出来ないわけではなく、コマンドダイヤルの上にあるレバー、そして十字キー
周りのダイヤルを回すことでマニュアル露出、絞り優先AE、シャッタースピード優先AEといった各種モード
時の露出変更にも対応出来る様になっています。

尚、ソフトウェアの出来が秀逸なのか、メニュー画面の立ち上げもそうですが、操作していて非常に動きが
スムーズで、ストレス無くサクサク動いてくれます。
AFも非常に速く、位相差式AFとコントラストAFのハイブリッドAFを唯一成し得ているということからなのか
とにかく「 AF速い!! 」と触っていて感じる出来になっています。

これで絞り優先AE、シャッタースピード優先AE、マニュアル露出といった本来コマンドダイヤルにあるべき
部分がきちんとコマンドダイヤル上に設定されていて、且つISO感度設定もダイレクトに変更出来る仕様に
なっていたなら、最高のAF性能と最高の操作性を誇るミラーレス一眼となっていたかもしれないです。

今回対応して下さったニコンの担当者の方もそういった部分を分かっている様でした。
デザイン、操作性含め、前評判でも相当叩かれているということも分かっているそうです。
市場としては、NIKONが出すならプロ仕様のミラーレス一眼を…と期待していた部分も強かったですから、
実際出てきたものが「 押せば撮れます 」的なものでは、叩かれても仕方が無いかもしれません。
d0177606_0191494.jpg

d0177606_0211243.jpg

J1には、V1には無い内蔵式フラッシュがありますが、ポップアップするとこんな感じになります。
何かダイヤブロックみたいな感じを受けますが、この個体がピンクだからでしょうか…。


さて、今回V1、J1と触ってみた中では、少し驚く仕様が入っていました。
シャッターを機械式か電子式か選ぶことが出来るのですが、電子シャッターの高速版を選ぶと…。
秒間60コマ、バルカンの様な連射音と共に高速連射してくれます。

こんなに高速連射してどうするんだー…?と思うところもありますが、高速で飛んでいる蝶々を撮影するとか、
特殊撮影時には、役立ってくれそうです。
d0177606_0284327.jpg

尚、フルアーマー状態のV1もガラスケースの中ではありましたが、展示されていました。
何となく見ていると、PENTAX Auto110を思い出してしまうのは、気のせいでしょうか…。

V1のフルアーマー状態は、個人的には、嫌いじゃない形ですが、NIKON 1シリーズ自体、購買層から見た
場合に、好き嫌いがハッキリ分かれそうです。
今回帰りに友人と一緒に帰ったので、NIKON 1シリーズの写真を見せましたが、速攻嫌だと言われました。

NIKON 1シリーズは、特殊なハイブリッドAFの撮像素子を搭載しているのも販売価格設定面で今後裏目に
出るかもしれません。(特殊な撮像素子=販売価格低減に繋がり難い。)
先ず初期設定の価格が余りに高いこともそうですが、同じ価格帯には、マイクロフォーサーズ陣営以外にも
SONYのNEXすら待ち構えています。
価格設定の高さは、結果として売れ行きに対して足枷になる要素と取れます。

車でも何でもそうですが、購買層は、中身の性能も勿論見ますが、先ず最初に入るのは、見た目です。
このデザイン、NIKONの足を引っ張るどころか、経営をもしかしたら傾かせるくらいダメージを与える原因に
ならないとも限らないので、非常に心配な要素です。
余程自信があるのか知りませんが、上手くPR活動していかないと痛い目をみる気がします。
d0177606_0395315.jpg

d0177606_0403726.jpg

d0177606_0411984.jpg

撮影機材:RICOH GRD3

ニコンプラザ新宿には、NIKONが現在リリースしている製品が展示されていますが、発売されて間もない
COOLPIX P7100も展示されていました。
正直言って、NIKON 1シリーズの操作系がP7100と同じだったなら最高だったかなあ…と、触っていて
素直に感じてしまいました。(そのくらいにP7100の出来が良過ぎる。)

これだけ秀逸なインタフェースに仕上げられるのに、何でNIKON 1シリーズは、ああなんだろう…と思って
しまいます。(P7100を前にするとNIKON 1シリーズのインタフェースが手抜きに見えてしまう。)
恐らくNIKON 1シリーズは、売れる売れないに関わらず、第二世代へと突入した時点でインタフェースに
改良を加えて別物になる様な気が…今の時点からしています。

コマンドダイヤルに絞り優先AE、シャッタースピード優先AE、マニュアル露出、バルブモードを追加した上で
カスタム出来るファンクションキーを2つ追加すれば、恐らくNIKON 1シリーズのインタフェースに死角無し…、
完璧な状態になります。
ファンクションキーには、ISO感度設定だとか、ホワイトバランスの設定を割り当てておけば良いわけですし。

うーん…、触れば触る程に惜しい出来具合です。
後一押しすれば、他社のミラーレス一眼と操作面で大きな差別化を出来ると分かってしまうだけに、惜しい。
他社のミラーレス一眼、OLYMPUS、Panasonic、SONYの各機種は、操作系に癖もあるし、万能じゃない。
操作性に優れているRICOH GXRは、機種展開自体が特殊な上に未だ未だ発展途上の機種です。

NIKON 1シリーズは、今出す機種としては、潰すべき点を潰し切れずに出した、中途半端さを感じます。
ソフトウェアの出来も非常に好感触で、操作性が悪いわけじゃないだけに、とても惜しいです。

by smj-gnrl | 2011-09-30 23:55 | カメラ | Comments(2)
Commented by RF100A at 2011-10-02 13:34
ニコン1触ってきたのですね。 A,P,Mのモードセレクターは正直独立させて欲しかった。 でも、エントリー層や女性層向けを狙うなら、難しい操作はさせないほうが良いので、そういう思想なのでしょうね。
今回ピンクをラインナップに含めたのもあわせて。
Commented by smj-gnrl at 2011-10-02 22:12
RF100Aさん≫
触ってきましたが、絞り優先AE等をダイヤルにもってこなかったの、
きっとそこに目を向けさせない意図もあるのでしょうね。
只、第一世代としては、十分過ぎる出来であることには違いないので、
今後消滅せずに世代交代していく中で改善されれば良いかな。


<< PENTAX Qで撮る新宿の景色      銀座/撮る人、撮られる人 >>