CAMERAと一緒

smjgnrl.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 09月 23日

RICOH GXR Mマウントユニット屋外試写

昨日は、銀座のRICOHカメラサービスセンターに立ち寄った後、RICOH RINGCUBEへ。
GXRの試写を兼ねて無料貸し出しを御願いしに行ったのですが、前もって事前にRICOHのサイトにて
Mマウントユニットへのレンズ装着を試せる旨が掲載されていたのを見て、屋内撮影だけでも可能かを
伺ったところ、屋外に持ち出して大丈夫ですとのお許しを得ました。(感謝)
多分RINGCUBEの貸し出しでMマウントユニットを屋外に持ち出すの、私が初じゃなかろうか。
d0177606_14241768.jpg

撮影機材:RICOH GRD3

EVFも準備してくれて、A12 50mm Macro、A12 28mm、A12 Mマウントの計3ユニットを拝借して
いざ銀座の街へ…。

…が、天候は、こういう時に限って悪くなるもので、雨が降ってきました。
傘を用意していなかったので、機材を濡らすわけにも行かず、雨宿りしながら素早く移動して撮影です。
d0177606_14281526.jpg

d0177606_1429680.jpg

d0177606_14295398.jpg

d0177606_15303124.jpg

d0177606_14304740.jpg

d0177606_14312618.jpg

d0177606_14382759.jpg

d0177606_1505396.jpg

d0177606_1514259.jpg

撮影機材:RICOH GXR、A12 M、Voigtlander L ULTRON 35mm F1.7

操作してみると分かるのですが、フォーカスアシスト機能が非常に便利で、表示をグレートーンにして、
MF時にピントが合っているポイントを分かり易くエッジ強調表示してくれます。

撮影は、殆どを絞り開放かそれに近い状態で行いましたが、終始撮影がし易かったです。
このエッジ強調表示、ある種、レンジファインダーカメラの二重像合致にイメージが似ている気がします。
一眼レフだと明るいレンズを開放状態で使ってピントを合わせる…となると、中々難しい部分もありますが、
このフォーカスアシストのエッジ強調は、明るいレンズを開放値で使ってもピント合わせが楽です。

因みにEVF無しでも撮影可能ですが、やっぱりEVFを覗いて撮影していた方が歩留まりも上ですね。
後、シャッター音が街中で撮影していても周囲に撮られていると気付かせる様な音じゃないので、静かに
街並み撮影をするにも不便に感じませんでした。
RICOHとしては、開発して目指した方向性がレンジファインダーカメラの様にゆっくり撮影するスタンスに
なっているのかもしれませんね。


GXR Mは、一眼レフよりもコンパクトにシステム構築出来る上に、元々小型高性能なレンジファインダー
カメラ用レンズも使えるから随分と軽く、機動性の高いシステム構築をすることが出来ます。

動きモノを撮影するのに向いているかと言われると、向いていないと言えるGXR Mのシステムなのですが、
ゆっくり時間を愉しみつつ、気楽に静かにシャッターを切りたい、そういう使い手に向いている気がします。
そしてMF含め、よりシンプルに写真を撮ることを愉しみたい、原点回帰したい人には、打って付けかも。

by smj-gnrl | 2011-09-23 15:25 | カメラ


<< 写真展を巡る日々      台風も過ぎ去って… >>