CAMERAと一緒

smjgnrl.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 09月 19日

逆光

撮影をする上で、逆光下の撮影程難しいものはないと思っています。
被写体によっては、明暗差が激しくなり、非常に撮影し難い状況も出てくるし、肉眼で見ている景色と
実際に撮った写真との間に少なからず乖離が出てきてしまう、そういう状況が往々として出てくる。

只、最近は、GRD3を日々持ち歩く様になって、モノクロでの撮影を主体にしたというのも影響してか、
敢えてそうした逆光下での撮影自体を愉しみながらやれていると感じていますし、目に見えた通りに
写らなくても「 これは、これでありなんだ 」と、思える様になってきました。

人の目って優秀だから、ダイナミックレンジ合成をしているかの様に色々な部分が見えてしまうけど、
写真ってなった場合にそうなるかっていうと、そういうわけではないということ。
d0177606_803535.jpg

d0177606_85112.jpg

撮影機材:RICOH GRD3

ここ数日間、年末から年明けくらいを目標に新機材を導入する方向で検討を開始しています。
RICOH GXR、GXR VF2、GXR M、GXR S10、Voigtlander UWH 12mm F5.6、etc…。
PENTAX O-GPS1は、これらの機材導入前に導入する形で考えています。

GRD4に関しては、今回のホワイトエディションを見送って少し様子見したいと思いますが、時期を
伺いつつ機材導入することで方針自体は、既に決定しました。

本音を言うとホワイトエディションに飛び付きたい気持ちがありますが、落ち着いて内容を見てみると
通常のGRD4と価格差が無いわけで、プレミアム感を求めなければ購入しなくても大丈夫と取れます。
(価格差が無い=御買い得という見方も勿論あるのですが…。)

後は、本来のスナップシューターという路線から考えると、「 撮られている 」と相手に意識させる白い
ボディは、私の用途に合っていないということでもあります。
「 ササッ 」っと素早く、誰にも撮られていることを気付かせないスナップ撮影には、やはり黒でないと。

by smj-gnrl | 2011-09-19 08:21 | 風景


<< 雑踏      いつもの喫茶店で小休止 >>