CAMERAと一緒

smjgnrl.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 09月 19日

逆光

撮影をする上で、逆光下の撮影程難しいものはないと思っています。
被写体によっては、明暗差が激しくなり、非常に撮影し難い状況も出てくるし、肉眼で見ている景色と
実際に撮った写真との間に少なからず乖離が出てきてしまう、そういう状況が往々として出てくる。

只、最近は、GRD3を日々持ち歩く様になって、モノクロでの撮影を主体にしたというのも影響してか、
敢えてそうした逆光下での撮影自体を愉しみながらやれていると感じていますし、目に見えた通りに
写らなくても「 これは、これでありなんだ 」と、思える様になってきました。

人の目って優秀だから、ダイナミックレンジ合成をしているかの様に色々な部分が見えてしまうけど、
写真ってなった場合にそうなるかっていうと、そういうわけではないということ。
d0177606_803535.jpg

d0177606_85112.jpg

撮影機材:RICOH GRD3

ここ数日間、年末から年明けくらいを目標に新機材を導入する方向で検討を開始しています。
RICOH GXR、GXR VF2、GXR M、GXR S10、Voigtlander UWH 12mm F5.6、etc…。
PENTAX O-GPS1は、これらの機材導入前に導入する形で考えています。

GRD4に関しては、今回のホワイトエディションを見送って少し様子見したいと思いますが、時期を
伺いつつ機材導入することで方針自体は、既に決定しました。

本音を言うとホワイトエディションに飛び付きたい気持ちがありますが、落ち着いて内容を見てみると
通常のGRD4と価格差が無いわけで、プレミアム感を求めなければ購入しなくても大丈夫と取れます。
(価格差が無い=御買い得という見方も勿論あるのですが…。)

後は、本来のスナップシューターという路線から考えると、「 撮られている 」と相手に意識させる白い
ボディは、私の用途に合っていないということでもあります。
「 ササッ 」っと素早く、誰にも撮られていることを気付かせないスナップ撮影には、やはり黒でないと。

by smj-gnrl | 2011-09-19 08:21 | 風景 | Comments(12)
Commented by sakurashot at 2011-09-19 09:42
2枚目の写真、思い切った逆光がいいですね!
伸びる影も良い感じで、カッコいい写真です!!
Commented by まこちゃん at 2011-09-19 18:52 x
こんばんは~
迫力ありますね
迫ってきます
Commented by kimicamera at 2011-09-19 18:57
こんばんは♪

逆光って難しいですね〜。
楽しいけど。(^^)
フィルム(M4)の場合はちょっとフレアがかってしまう事が多いです。
(直視すると焼けちゃうので気をつけていますが。笑)

GXR、購入されるのですね〜。
楽しみにしていますね!(^^)
Commented by こごママ at 2011-09-19 20:56 x
逆光って力ありますね。
一枚目の写真は不安な気持ちになりました。
二枚めの写真は光のエネルギーに倒されそうになりました。
二枚ともすごい!
Commented by alpinism2 at 2011-09-19 21:46
1枚目の雲の感じがいいですね~。

たしかに、ササッと素早く気付かれずに撮るには小さくて黒いカメラが必要でしょうね(^^ゞ
Commented by smj-gnrl at 2011-09-19 22:24
sakurashotさん≫
2枚目は、丁度夕方、夕日が強く逆光として入ってくる条件でした。
歩いているサラリーマンがもう少し左側にきていたら、プロジェクトXの
OPみたいになっていたかな。
Commented by smj-gnrl at 2011-09-19 22:27
まこちゃんさん≫
今晩和。 :)
1枚目は、重々しい雲が、2枚目は、強い光が迫ってくる、
そんな感じに見えるかな。
Commented by smj-gnrl at 2011-09-19 22:38
kimicameraさん≫
今晩和。 :)
逆光は、何度撮影してみても難しいですね。
どう表現しようか少し考えますが、私の場合は、モノクロにしてしまうのが
一番分かり易くて撮影もし易いです。

レンジファインダーカメラは、構造上、レフ板が無いからシャッター幕に
対して光が当たったままになってしまいますからね。
シャッター幕が布幕のM4やM3といった機種は、気を付けないといけない
要素の1つになる形ですよね。
私が使っているBESSA-R2、予備機で待機中のZeissIkonといった
機種になると、布幕じゃなく金属製シャッター幕なので、そういった不安
要素は、布幕と比べると緩和されている感じです。

GXRは、未だ時期が確定じゃないですが、既に導入方向です。
銀座のRICOH RINGCUBEで無料貸し出ししている中にGXRもあるので、
水曜日にスペアのGRD3を引き取りに行くついでに借りて操作性を含めた
お勉強をしてこようかと思っています。
Commented by smj-gnrl at 2011-09-19 23:05
こごママさん≫
逆光は、表現の仕方をどうするか迷う部分もありますが、割り切って
モノクロにしてみると非常に分かり易い表現が出来ると思っています。
白トビ、黒ツブレは、潔く受け入れた上で撮影してみると楽ですね。
Commented by smj-gnrl at 2011-09-19 23:09
alpinism2さん≫
1枚目の写真、濃い空の青と広がる無数の雲、そして雲に隠れていても
強い逆光効果を出している太陽の組み合わせです。
本当は、カラーでも撮るべきかなと思ったシーンですが、信号待ち中の
一瞬だったので、そういうわけにもいかず、割り切りました。

GRD4ホワイトエディションは、単にお洒落としてならありなのですが、
実際スナップシューターとしての実用を考えると…。
女性がお洒落に使う分には、良い選択なのかもしれません。
Commented by アトムパパ at 2011-09-19 23:10 x
こんばんわ。
やはり写真では、暗い部分は黒くつぶれたほうがいいですね。
今のコンデジでは、かなりの明暗差がある写真でも、
結構普通に全部写ってしまいます。
Commented by smj-gnrl at 2011-09-19 23:19
アトムパパさん≫
今晩和。 :)
写真に強い印象を与える、メリハリを付ける点では、思い切って暗部を
黒ツブレさせてしまうのは、ありだと思います。
その逆に白トビさせてしまうのも同意。

只、写真を優しい印象で写したい場合には、階調豊かに暗部明部共に
出来る限りツブレ、トビをさせない様にするのが手かもしれません。
以前PENTAXフォーラムで中判(645)で撮影したモノクロ写真を見た
のですが、非常に階調豊かで、且つ柔らかな印象を受ける写真でした。

写真の行き着く先、目標の1つには、人の眼で見たままの情報がある
と思うので、特にデジタル化が進んでいる今の状況下では、画像自体
合成してしまうHDR合成という手段が入ってきていますね。
合成抜きにしても階調表現が豊かになってきているのは、やはり技術
革新の積み重ねだと思います。


<< 雑踏      いつもの喫茶店で小休止 >>