CAMERAと一緒

smjgnrl.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 09月 16日

写真展「 GRist34 」

今日は、仕事帰りに銀座のRICOHカメラサービスセンターへ行ってきました。
スペアのGRD3、結局グリップラバーが剥がれてきたのでクレーム修理です。

GRD4から張り革交換サービスも始まりますが、新品で3度も交換をしている状況を伝えた上で、
後工程の精度もそうだが、サービスセンター側のスキルが低下しているのではないか…と、予め
グサッっと言わせて頂きました。

だって一度修理に出して、それでもグリップラバー剥がれが全く直っていない状態で戻ってきて
いるわけですから、言っておかないといけないことでしょう。
結果的にマップカメラの店員さんには、お店側は、何も悪くないのに新品交換対応せざる得ない
状況になったわけですから、RICOH側にもちゃんと認識しておいてもらわなければいけません。

写り具合も使い勝手も非常に良い、でもそれだけじゃ駄目です。
製品としての精度を高く、物としてずっと愛用していたくなるものであればこそですから。

RICOHの担当の方も平謝りでしたが、是非今後の精度向上を目指して頂きたいものです。
好きな人は、ずっと使い続けるけど、新規顧客開拓もするなら、尚更気を付けないといけないです。


さて、今日は、その帰りに銀座のRICOH RINGCUBEで写真展「GRist34」を見学してきました。
様々な作品群が展示されていましたが、GRD3で撮影した写真ってこんなに大きく引き伸ばしても
十分見れるものなんだって、ちょっと嬉しくなりましたね。
あと、プロの撮影する作品群は、どういう視点で撮るんだろう…と、少しだけ考えながら拝見しました。

GRist34は、会期が明後日の18日(日)迄ですが、御都合付く方は、見に行ってみては如何でしょうか。
自分以外が撮影した写真を直接見ることは、普段と違う視点で写真を見るという意味でも、良い勉強に
なるのではないかと思います。

それと、発売前のGRD4が一応ガラスケースの中ではありますが、展示されています。
例の限定販売品、ホワイトエディションも置いてありました。(うーん…、欲しい…。)
d0177606_17371858.jpg

d0177606_17374236.jpg

撮影機材:RICOH GRD3

by smj-gnrl | 2011-09-16 17:41 | カメラ


<< RICOH GXR Mマウント...      熊谷/ホシカワカフェ >>