CAMERAと一緒

smjgnrl.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 03月 08日

写真展「 ねこ 」見学

既に3月になってしまいましたが、2月後半に新潟の朱鷺メッセの一角で開催されている
動物写真家の岩合光昭氏の写真展「 ねこ 」を見学して参りました。
新潟港佐渡汽船構内で同級生Hと合流、現地に向かいます。

館内の展示スペースには、床に猫の足跡を模っていて、相当数の猫写真が展示されていて
見て歩くのが結構大変なボリュームのある写真展でした。
しかも当日寒かったのもあって防寒着対策をしっかりしていったら、館内の暑いこと暑いこと。
暖房効き過ぎでいて汗たらたらでした。(苦笑)

見学してみて思ったのは、フォーサーズで撮影した写真でも相応の大判印刷に何とか耐えて
いたことが印象に残った部分としてあります。(それでも細部ディティール再現には、限界有り)

色々な視点で猫の姿を見れて、非常に満足度の高いものでしたが、疲れていたのと来場者が
結構居た関係で流し見状態だったこともあり、帰る前に併設された売店で写真集を購入しました。
d0177606_1105729.jpg

しかし、現時点で撮像素子はともかくとしても、デジタル一眼レフとしては、OLYMPUS1社のみで
頑張っているフォーサーズ機ですが、E-5で投入された技術を反映した新型のエントリークラスが
小型を追求して出てきてくれると魅力的かなぁ…と、ふと感じました。

既に次男に奪取されましたが、E-420のサイズで25mm F2.8パンケーキレンズとの組み合わせに
していると、凄く小さくて軽い、フットワークの良い最小デジタル一眼レフになるんですよね。
OLYMPUSは、現状ミラーレスデジタル一眼のPENシリーズに注力しているし、小型化という部分で
被る機種の開発は、今後も当面凍結なのかもしれませんが。


見学を終えると同級生Hの愛車に乗せてもらって昼食に魚料理の美味しいお店に行ってから一服。
その後は、カメラ屋さん巡りを敢行しました。
新潟唯一のLEICA特約店やカメラのキタムラに立ち寄って色々と見てきましたが、K-5、EOS 7Dなど
久々に実機を触ってみて、やっぱり7Dは、自分には重た過ぎて使い勝手が悪いと感じました。

そしてK-5のシャッター音の凄まじい静かさに寂しさを覚えつつも、これはこれで良いかなと思った次第。
結局K-5購入への後押しをしたのは、この時実機を触ったのが大きいかもしれません。

カメラ屋さん巡りを終えると寺社(護国神社?)見学やら美術館見学やらして、再び朱鷺メッセに戻ってから
展望台フロアで夜景撮影をしてから御夕飯、帰路につきました。
何かあっと言う間に時間が過ぎた感じだけれど、それなりに楽しめた1日だった気がします。

by smj-gnrl | 2011-03-08 01:30 |


<< 東北関東大震災      新機材投入確定 >>