CAMERAと一緒

smjgnrl.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 01月 11日

とうどやの火

とうどやの火を点けたばかりの時の写真です。
GRD IIIで撮影したものがあったのですが、残念ながらデジタル一眼レフでの撮影写真は、無し。
フィルム一眼レフでの撮影に集中していたので撮影していなかったんですよね。
やっぱり機材を絞らないと駄目だな…、ついつい持ち出してしまうのは、悪い癖です。

因みに写真に竹の棒を持っている人が何人か写っていますが、この竹の棒にお餅、スルメ、はては
ミカンを挿すか挟むかして、とうどやの火で焼いて食べます。
厄を払い、身を清める意味もあるのだと思いますが、それよりも食べることが肝心です。
子供の頃は、間違ってよく火の中にそのまま落として黒コゲにした記憶があります。


しかし、ほんとにとうどやの規模が小さくなってしまったと感じます。
かつては、二階建ての家屋に匹敵する巨大なとうどやのやぐらを立てて、それだけで飽き足らずに
更にもう1つのやぐらを立てて、2つのやぐらに火を灯して深夜まで騒いでいた行事でした。
地元消防団も協力し、最後まで火の始末をして、普段静かな地域が明るくなる、1つのお祭りの様な
子供達が毎年楽しみにしている行事でもありました。

こうした規模縮小には、子供の数が少なくなったこと、大人の数が少なくなったことの両方が密接に
関係していると思います。
こうした昔からの行事は、知っている高齢者が知恵を貸してくれて、それを次の世代が継いでいく、
そうした流れの中にありますが、私が見知っているおじいちゃん、おばあちゃんもここ数年の間の中、
次々と逝ってしまいました。

昔は、お年寄りも、それを継ぐ次の世代も、そして子供達も多かった。
今の子供達に昔の光景を見せてあげられたら…と思いますが、そうした資料も残っていません。
d0177606_2244585.jpg

撮影機材:RICOH GR DIGITAL III



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
にほんブログ村
つたない記事を閲覧下さり有り難う御座います。
ポチッと押して頂けると励みになります。

by smj-gnrl | 2011-01-11 22:46 | 風景


<< 銀塩写真/清水寺(せいすいじ)      小正月/とうどや(どんど焼き) >>