CAMERAと一緒

smjgnrl.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 12月 07日

仕事中/花粉集め

もうコスモスが散って随分経ちますが、約2ヶ月前に実家の庭で撮影した写真です。
忙しそうに蜂、蝶々達が飛び交い、蜜、花粉をコスモスの花から享受しています。

しかし、こうしてマニュアルフォーカスのオールドレンズで撮影しても綺麗に写る辺りは、光学設計が今でも
通用するレベルにあったんだろうなぁ…と感じる部分です。(最新のレンズには、敵わないのでしょうが)
動体とマクロ域の部分を両方マニュアルで…というのが、正直撮影していて難しい部分ではありましたが、
こうして撮れているのを見ると、やって良かったなと思えます。

今思えば、PENTAX K-mを購入していなければ、M42のオールドレンズ沼にも、他レンズ沼にも今頃は、
縁遠い位置に居たのかもしれません。
K-m、Super-Takumar 1:1.8/55mmは、私にとっての撮影歴に転機をもたらした素材なのかも。
d0177606_2305570.jpg

d0177606_22565464.jpg

d0177606_22591721.jpg

d0177606_2325710.jpg

d0177606_2343240.jpg

d0177606_2372272.jpg

撮影機材:PENTAX K-m、Super-Takumar 1:1.8/55mm



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
にほんブログ村
つたない記事を閲覧下さり有り難う御座います。
ポチッと押して頂けると励みになります。

by smj-gnrl | 2010-12-07 23:16 | 風景 | Comments(2)
Commented by xylishcool at 2010-12-08 22:46
これも中心の蜂付近はシャープですね。デジタル時代になってレンズもシビアになって来ています。CADや職人の前にかなり精度を求められる設計だから余計に「味」的なものが薄くなっているかもしれませんね・・・。
Commented by smj-gnrl at 2010-12-08 23:01
xylishcoolさん≫
絞り開放F1.8だとピントを合わせるのが困難を極めたので、F2.8に
まで絞って撮影していたかもしれません。
デジタルになってからは、如何にして撮像素子に真っ直ぐ光を導くかが
鍵になっているので、旧いレンズにあった特有の味を消すというと御幣が
あるかもしれませんが、極端に綺麗な描写になっている気がします。
「このレンズだからこう写る」的な部分は、旧世代のレンズだからこそ
より味わえるのかもしれません。


<< 佐渡島にも冬の足音が…/降雪      PENTAX PENTAX P... >>