CAMERAと一緒

smjgnrl.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 11月 28日

OLYMPUS E-330/OLYMPUSブルー

未だE-300の実写テストが十二分に出来ていないですが、一先ず先行してE-330の実写テストをしています。
撮影した感触では、確かに青の色のりが良いのかな?と思う部分こそあれ、まだどう違うのかまで分かりません。
只、個人的には、好きな発色をしてくれている様に感じます。
この発色が果たして「OLYMPUSブルー」と言われているものなのかは、もう少し使っていって他の機材と比較を
してみないと何とも言えない部分ですね。

これは、昨日の朝撮影した写真ですが、元々青空が綺麗だったのもありますが、思ったよりも綺麗に撮れたかな。
実家の敷地内から撮影しましたが、綺麗な青空が撮影出来ました。
本当は、午後から地元にある蓮華峰寺の大銀杏を撮影に行くはずが、午後から急に天候が荒れてしまい断念。
d0177606_1241497.jpg

撮影機材:OLYMPUS E-330、OLYMPUS ZUIKO DIGITAL 1:3.5-5.6/14-45mm

しかし、私の主要機材が益々肥大化の一途を辿る中で、久々に触る軽量機は、実に使い易く感じますね。
決して重い=悪いではないのですが、どうしても持ち運びに不利な点が出てくるので、こと体力的な面からくる
疲労が大きかった中で、E-330の様な軽量機種は、そうした疲れから開放してくれます。

現在主要な機材がK10Dカスタムグリップ仕様+D-BG2、K20Dカスタムグリップ仕様+D-BG2、これに対し
更にTAMRONの望遠レンズ(28-200mm、18-200mm)を常備していますから、相応に重たいです。
バッテリーグリップのD-BG2を外せば幾らか軽くなるのですが、時折縦位置撮影もするので、やはり常備品…。
重いことで手ブレし難い+本体の手ブレ補正があるのですが、常に1kg超の装備を持ち歩いていると疲れます。

そう考えるとistDL2を使っていた時は、ほんと軽くて機動性が良かったと感じます。
ボディだけで500g以下の軽量ボディで、純正のキットレンズ(18-55mm)装着時でも1kg未満でしたから。
更に電源は、単三電池仕様だったので、エネループを2セット使いまわして撮影していましたね。
そのistDL2も後輩が今では、愛用して撮影していますが、いきなりRAW現像をし始めている様です。
RAW現像は、悪いとは言わないけど、jpeg撮って出しの方がスキル向上には、良いと思うんだけどな。

前の日記にも記載していますが、防塵防滴でボディが500g近傍、ないし500g以下のPENTAX機が欲しい。
難しい課題なのかもしれませんが、出してくれたら迷わず買いですね。
小さい、軽い、防塵防滴でAPS-C、ないしフルサイズの一眼レフが出てくれれば…と思いつつ、難題だろうと
思っているところです。(もしも出るにしてもミラーレス機になるのかもしれませんが…)



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
にほんブログ村
つたない記事を閲覧下さり有り難う御座います。
ポチッと押して頂けると励みになります。

by smj-gnrl | 2010-11-28 12:46 | 風景 | Comments(0)


<< OLYMPUS E-330/マ...      増えていく使用機材/初OLYM... >>